『熊本県立大学国際シンポジウム 激動のアジア太平洋を生きる供殍鳴鮮核危機とトランプ政権−』熊本日日新聞社刊

0

     

    『熊本県立大学国際シンポジウム 激動のアジア太平洋を生きる供殍鳴鮮核危機とトランプ政権−』熊本日日新聞社刊

     

    熊日の本

     

    仕 様 判型:四六判

        頁数:208ページ

        製本:上製本

    発 行 熊本日日新聞社

    編 者 五百旗頭真(企画 熊本県立大学)

    ISBN978-4-87755-572-6 C0230

     

    制作・発売  熊日出版(TEL096-361-3274)

    装丁 内田直家(ウチダデザインオフィス)

    価格:1500円+税

     

    2016年から2017年にかけ開催された熊本県立大学国際シンポジウムの模様を収録。中国の台頭、不確実性のトランプ政権、核開発を続ける北朝鮮。さらなる乱世か、復元か ――日本外交の課題を探る。

    2014・2015年に熊本県立大学で行われた国際シンポジウムの続編で、2016年、2017年に開催された2回分を書籍化第2弾として出版。

     

    熊本県立大学理事長である五百旗頭氏の下に外交・国際関係の第一人者が集結、大国化する中国、予測不可能なトランプ政権、核とミサイルの開発を続ける北朝鮮を主軸として討議した。 専門家たちによる豊富な経験と見解を交えながら、乱世の時代に突入した今、日本外交の課題は何かを探る。

     

    基調講演者・パネリストは、元駐中国大使の_宮本雄二氏_、国際政治学者であり前JICA理事長の_田中明彦東大教授_、ヨーロッパ国際政治史を専門とする_細谷雄一慶応大教授_、現代中国が専門の_高原明生東大教授_、東南アジアに詳しい_白石隆氏_(ジェトロ・アジア経済研究所長、2018年4月から熊本県立大理事長)、元外務省アジア大洋州局長として北朝鮮交渉を敢行した_田中均氏_(日本総研国際戦略研究所理事長)、コーディネーターは_五百旗頭真氏_(熊本県立大学理事長)。

     

    *【目次】*

    第一部「アジア太平洋の中の日本外交」−国際シンポジウム2016

    1あいさつ 半藤英明/河村邦比児/蒲島郁夫

    2 基調講演「中国大国化の中の日本外交」宮本雄二

    3 パネルディスカッション「戦後、冷戦後、そして今後の日本外交を考える」

    パネリスト 宮本雄二/田中明彦/細谷雄一

     

    第二部「トランプ政権とアジア太平洋」−国際シンポジウム2017

    1 あいさつ 半藤英明/河村邦比児/蒲島郁夫

    2 基調講演「トランプ政権とアジア太平洋」田中均

    3 パネルディスカッション「北朝鮮核危機とトランプ政権に揺れるアジア太平洋」

    パネリスト 田中均/白石隆/高原明生


    【啄木賢治の肖像】岩手日報社刊

    0

       

      石川啄木の生誕130年、宮沢賢治の生誕120年を記念して、岩手日報紙面で2016年1月から計30回にわたり連載した特集を書籍化。18の共通テーマと識者への取材を基に、岩手が生んだ文学者2人の魅力をあらためて探る一冊です。
      持ち運びやすい新書サイズにして、盛岡市や花巻市の散策マップやカラー資料、比較年表も収録しました。
      よろしくお願いいたします。

       

      「啄木賢治の肖像」岩手日報社刊

       

      □体裁 新書判312ページ、一部(巻頭写真)カラー
      □定価 972円(本体900円+税)
      □ISBN978-4-87201-421-1
      □発行 4月中旬

       

      ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。

       


      【書評】『プリーシヴィンの日記 1914−1917』成文社刊

      0

         

        『プリーシヴィンの日記 1914−1917』(成文社刊)の書評が、産経ニュースのWeb版にアップされています。下記Urlをご覧ください。

         

        http://www.sankei.com/life/news/180401/lif1804010029-n1.html


        「プリーシヴィンの日記 1914−1917」
        ISBN978-4-86520-025-6 C0098
        A5判上製 532頁+口絵4頁
        定価(本体6400円+税)
        2018.02
        ロシアの人びとに最も愛される詩人のひとり、自然のひとプリーシヴィン。かれは若い頃から、詳細かつ厖大な記録(日記)を誌し続け、それはほぼ半世紀にもおよんだ。本書はその記録のなかから、第一次世界大戦からロシア革命に至る4年間を選び出し編訳したものである。メディアや人びとのうわさ、眼前に見る光景などが描かれ、時代の様相と透徹した眼差しが伝わってくる。


        【祖父たちの昭和 ―化血研創設期の事ども―】熊日出版刊

        0

           

          【祖父たちの昭和 ―化血研創設期の事ども―】

          太田原 和嫦

          自費出版

             仕様:四六判、上製本

             頁数:228ページ

          発行:熊日出版  2018(平成30)年3月

          制作・販売:熊日出版 (TEL096-361-3274)

          定価:本体価格1,500円+税

          ISBN:978-4-908313-32-5 C0023


          ◆内容◆

          序章  白川沿いの家で

          第一章 東新町の家(津山)

          第二章 新屋敷の家(熊本)

          第三章 大江の家(熊本)

          第四章 化血研の創設に関する刊行物

          第五章 祖父の第三日記

          第六章 化血研と進駐軍

          第七章 第三日記の謎

          第八章 祖父の人物像

          第九章 祖父のトランクと辞世

           

          色褪せた写真から浮かびあがる、化血研創設期の知られざる謎

          昭和二十二年夏、創設期の化血研が突きつけれた事業所閉鎖の危機。終戦直後の混沌の中に置き去られた化血研騒動の謎を、化血研提唱者の孫が追う。祖父が遺した日記と写真から見えてくるGHQとの知られざる関係。これらが物語るものは一体何なのか。化血研騒動は事故だったのか、それとも仕組まれた罠だったのか…。多くの資料から73年前の事件の真相を探る。


          【著者プロフィール】

          太田原和奸覆おたわら かずむ)

          昭和26(1951)年熊本生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部卒業。
          メーカーでの研究開発業務を経て、平成3年より平成25年まで大阪市内の大手特許事務所にて特許出願明細書の作成及び外国語文献(英/仏)の翻訳と侵害鑑定に従事。熊本市在住。
          シュピーゲル写真家協会会員(作家名:月岡四郎)


          『親子で学ぶ国宝松江城のお殿様◆ 曽捷照夕 松平家初代藩主直政から六代宗衍〜』山陰中央新報社刊

          0

             

            松江歴史館専門官宍道正年氏著作の「親子で学ぶ松江城シリーズ」の第5弾『親子で学ぶ国宝松江城のお殿様◆戮鯣行いたします。
            松江松平家初代藩主の松平直政から6代宗衍まで6人の殿様を紹介。小学生男児の質問にお父さんが答える形式でそれぞれの殿様の人物像や功績などを分かりやすく紹介。
            お取扱いのご検討をお願いいたします。

               記

            一、書 名  『親子で学ぶ国宝松江城のお殿様
                     〜松江藩主 松平家初代藩主直政から六代宗衍〜』
            一、著 者  宍道 正年
            一、発行所  山陰中央新報社
            一、発行日  2018年3月31日 (納品は4月14日になります)
            一、仕 様  A5判、106ページ、オールカラー、並製本
            一、定 価  本体1,300円+税
            一、その他  ISBNコード  978-4-87903-211-9


            『今に生きる不昧−没後200年記念−』山陰中央新報社刊

            0

               

              2018年は大名茶人として知られる松平不昧公没後200年。これを記念して山陰中央新報紙上で2017年1月から12月まで連載した「今に生きる不昧」を単行本化。さらに「不昧公の茶道研究と茶道具」「不昧公の茶室」「松江藩政と不昧公の財政改革」など、それぞれの専門研究者の寄稿文を新たな資料として加え、不昧公の足跡をたどりながら、今も息づく不昧の心と茶の湯文化を紹介。松江市などが展開する「不昧公200年祭」にも呼応しています。
              詳細は下記に記載します。お取扱いのご検討をお願いいたします。

                記

               一、書 名   『今に生きる不昧−没後200年記念−』
               一、発行所   山陰中央新報社
               一、仕 様   A4判、80ページ、オールカラー、並製本
               一、定 価   本体1,300円+税
               一、その他   ISBNコード 978−4−87903−212−6

               


              【利根沼田の人物伝】上毛新聞社刊

              0

                 

                書籍名    利根沼田の人物伝
                著 者    盪魁\機覆燭やま・まさし)
                仕 様    四六判 並製本 本文418ページ
                コード    I S B N    978-4-86352-205-3  C0023
                発 行 上毛新聞社
                価 格    定価1,512円(本体1,400円+税)
                刊行日    平成30年3月26日
                [内 容]
                「利根沼田学」における人物の手引書
                郷土の先人を意欲的に研究し、その存在に光を当て、積極的に史料や作品、著作の収集に取り組んできた著者が、地元エフエム局FM-OZEの番組で紹介した200人を一冊にまとめた。一部の研究者のみ知る存在であった偉人たちが輝いていた時代を知る歴史・文化の貴重な伝道書である。著者は「ブラタモリの案内人」として知られる。


                【いのちの本】ポエムピース刊

                0

                   

                  〈書名〉いのちの本

                  〈出版社名〉ポエムピース

                  〈著者名〉 金田敏晃

                  〈本体価格〉1400円

                  〈税込価格〉1512円

                  〈ページ数〉72ページ

                  〈発行年月日〉2018年4月6日

                  〈出版社所在都道府県名〉東京都

                  〈ISBNコード〉978-4-908827-37-2 C0095

                   

                  〈紹介文〉

                  「いのちの本」は、人間一人ひとりに与えられたかけがえのないいのちのことを考える本。

                  宗教、無宗教の是非を決めることなく、人が背負ってしまった罪のこと、愛のこと、愛する人や、家族同様に愛している動物を失った時のこと、戦争、天災、突然の死…あらゆる「いのち」にまつわる話を子どもも大人も読みやすい平易な言葉で語っています。

                   

                  あとがきより
                  「この『いのちの本』が文字として言葉としてあなたに寄り添い、励ますことができたら幸に思います。」

                  自らに与えられたいのちのことを考えるきっかけとなる10の質問もご用意しています。
                  答えを書き込み、数年後に見返して、またその時の思いを書き込む。
                  いつでも自分の、あるいは大切な人のいのちのことを考えるきっかけとなる一冊となるでしょう。
                  出版に際しまして、10人の方々の答えも掲載しています。
                  十人十色の答えに、励まされ、心癒されることもあるでしょう。

                  あなたがこの世でいのちをまっとうするまでの、大切な一冊になりますように。

                   

                  ※この本の朗読動画を YouTube にアップしています。「いのちの本」で検索してご覧ください。

                   

                  <著者について>

                  金田敏晃(かねた・としあき)
                  1958年4月の満月生まれ、B型。生涯一美容師、「からだの教室」主宰、Kaku imagination大家。
                  美容と健康、命と身体の使い方に興味をもち、飼っているワンコをこよなく愛し、精神世界・宗教・差別問題、特に魂に関することを幅広く学んでいる。
                  幼い頃から何度か病気でいのちの危険に向き合った時、「生きているのではなく生かされている」という感覚を強く持つ。
                  また歩行困難と医者に告げられるほどの大怪我を足に負った時は、たまたま縁があり訪れた武道場で、不自由ながらも稽古を続けていくうちに脳が反応し、最後には小走りができるようになる。
                  それらの体験から、身体機能は脳やイメージと密接につながっていると感じるように。
                  さらには病気のせいで精神的に参ってしまった時も、漢方やハーブ、鍼治療で体のバランスを整え、呼吸法を身につけ、自分に合ったトレーニングをすることで、健康を保つことができるということを、身を以て実感する。
                  精神世界については、母親が懇意にしていた占い(姓名判断)に疑問を持ち、自分中心ではなく他者が喜ぶことを続けることが、自分の徳を積むことにつながると考えるように。それが『いのちの本』の原点である。

                   

                  ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                  【『語り継ぐ力』― アイルランドと日本 ―】アイルランドフューシャ奈良書店刊

                  0

                     

                    夢現(ゆめうつつ)の母の声、囲炉裏端の昔話。心の奥深くへ「語り継ぐ力」。


                    語りの世界は地球上のあらゆる国に存在する。地形的な条件から似た文化が存在する日本とアイルランド。そんな二つの国を比較しながら、現在の『語り』の置かれている状況、『語り』の素材となる伝承文学、次の世代を育てる教育の果たす役割に焦点を当てながら総括的に展望する。


                    平成26年度から3年間にわたって科学研究費助成金を受け、語り部たちの声・教育現場の声・現地調査・アンケートをふくめ研究を重ねた。できるだけ多くの方に、この本が届き、語りやそれに付随する文化、伝統が守り続けられることを、願っている。

                     

                    タイトル 『語り継ぐ力』― アイルランドと日本 ―
                    編 奈良アイルランド語研究会
                    発行 アイルランドフューシャ奈良書店
                    発行日 2018年 3月31日
                    定価 1500円本体価格  
                    ISBN 9784-9906-7964-4
                    一般向け。A5 約320頁(本文300ページ 参考資料20ページ)。縦書き。


                    【The History of Trout Flies(ザ・ヒストリー・オブ・トラウトフライズ)  鱒毛鉤の思想史】シーアンドエフデザイン刊

                    0

                       

                      【The History of Trout Flies(ザ・ヒストリー・オブ・トラウトフライズ)  鱒毛鉤の思想史】シーアンドエフデザイン刊


                      ○シーアンドエフデザイン
                        神奈川県横浜市都筑区大丸9-4
                      〇サイズ:A4変形(264×190mm)/ハードカバー
                      〇頁:382頁(うちカラー34頁)
                      〇価格:本体 6,400円+税
                      〇ISBN 978-4-909415-01-1

                       

                      《著者プロフィール》
                      錦織則政(にしこり のりまさ)1969年、島根県生まれ。幼少の頃より海川の釣りに親しみ、在英時にフライフィッシングと出会う。海外勤務の機会を活かして釣魚本や釣具の収集にも熱中。帰国後は慎ましく月一釣行を愉しむ傍ら、川辺に立たぬ週末は釣魚史の調査・研究にいそしむ。近年通いつめている長野の川でよく使う毛鉤はモスカ・アオガーダ、エルクヘアカディス、ゴダードカディス、そしてテポドン(マドラーミノウのヴァリエーション)。

                       

                       古代ローマから現代に至るまで、鱒を釣るための毛鉤は大いなる発展を遂げてきました。原始的なリアルさの追求から、技術の発展に伴う表現力の拡大、魚の生態理解に基づく科学的アプローチ、そしてアートへの接近に至るまで、趣味の世界であるがゆえに様々な理論と思想がかかわってくるのが、トラウトフライの世界です。


                       考え方の移り変わりと、歴史的に重要なパターンの姿を、豊富な図版と主要史料からの引用を組み合わせて概観するのが「ザ・ヒストリー・オブ・トラウトフライズ」です。この本が一冊あれば、世界におけるフライデザインのおもな流れを把握でき、またフライを製作する場合の貴重な参考図版としても活用できるでしょう。 

                       

                      ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                      << | 2/38PAGES | >>