calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

広告

「原発の断りかた」(月兎舎刊)

0

     

    〈書名〉原発の断りかた ぼくの芦浜闘争記
    〈出版社名〉月兎舎
    〈著者名〉柴原洋一
    〈本体価格〉1500円
    〈判型〉四六判並製
    〈ページ数〉220ページ
    〈発行年月日〉2020年3月1日
    〈出版社所在都道府県名〉三重県
    〈ISBNコード〉978-4-907208-16-5

     

    ひとびとは、いかにして命の海を原発から守ったか。

     

    三重県に原子力発電所の計画があったことをご存じだろうか。
    20世紀後半、中部電力が度会郡南島町(現南伊勢町)と紀勢町(現大紀町)にまたがる芦浜への建設を目論んでいた。
    1963年の計画発表から37年間、推進か否かで地域を分断する壮絶な闘いが繰り広げられた末、2000年2月22日、北川正恭知事(当時)が計画の白紙撤回を表明。
    原発建設は事実上中止されたものの、今なお中電は計画地であった芦浜を所有している。
    本書は、反原発闘争に関わった県民のひとりが、その歴史を後世に伝えるべく記した私的回想録である。

     

    〈本書の内容〉
    日本初の漁民海上デモ/原発の本質を見抜いた漁民/反原発闘争は第2回戦へ/
    女性たちが起ち上がった/ぼくの「危険な話」/進む地域破壊/闘争第3世代の登場/
    原発推進の町・紀勢町のこと/古和浦漁協の理事3ちゃん/臨時総会を実力阻止/
    原発いらない県民署名運動/81万署名が政治を動かす/
    37年間の戦いが終わった/闘争は終わらない

     

    〈著者〉
    柴原洋一 Youiti Shibahara
    1953年浜島町(現・志摩市)生まれ。信州大学人文学部卒業後、78年より三重県の高校英語科教師に。
    86〜91年、南島高校に勤務。83年から芦浜原発反対闘争に加わり、
    90年代に南島町芦浜原発阻止闘争本部が組織した「脱原発みえネットワーク」の事務局長を務めた。
    2011年、退職。「原発おことわり」三重の会会員。


    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    【北海道いい旅研究室17】海豹舎刊

    0

       

      久しぶりに北海道の海豹舎から「北海道いい旅研究室17」773円が出ます。今回の特集は「北海道の廃止寸前の駅という鉄道取材」、「穴場温泉案内」、そして円谷プロと契約した「ウルトラセブン特集」です。1月末発行予定。なお前号の16号は好評につき完売しています。

      ISBN978-4-901336-36-9

       

      ★新刊書の目次(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


      【戦乱でみるとちぎの歴史─「とちぎ」の源流を探る─】下野新聞社刊

      0

         

        戦乱でみるとちぎの歴史─「とちぎ」の源流を探る─

        江田郁夫・山口耕一編


        A5判/並製/オールカラー/192頁
        定価:本体2500円+税
        ISBN978-4-88286-745-6
        下野新聞社刊


        「とちぎ」を形づくったものは何か?


        かつて下野国と呼ばれたこの地は、奥州と時の都をつなぐ結節点として、古代には蝦夷討伐の前線基地となり、軍事力の供給源を担った。名門一族を輩出するも戦国期には近隣大国と中央の覇者に翻弄され続けた中世。近世では幕府の精神的支柱・日光東照宮を抱え、徳川政権の要衝地として歴史を刻んだ。

        近代への扉をこじ開けた戊辰戦争では、奥羽越列藩同盟を背後に激戦が繰り広げられた。富国強兵の名のもと対外戦に突き進んだ近代、首都東京の防衛ラインと位置付けられ、師団が誘致され軍需施設が数多く整備される中、昭和の敗戦を迎える。「戦い」をキーワードに、4人の専門家がリレー形式で叙述。カラー図版150点以上掲載で、新しい「とちぎ」の歴史像を見て、読んで探ってゆける知的冒険書!

         

        ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


        【瑠璃色の鉄格子】ポエムピース刊

        0

           

          〈書名〉瑠璃色の鉄格子
          〈出版社名〉ポエムピース株式会社
          〈著者名〉Asuka Chibi
          〈本体価格〉777円
          〈税込価格〉855円
          〈ページ数〉48ページ
          〈発行年月日〉2020/1/24発行
          〈出版社所在都道府県名〉東京都
          〈ISBNコード〉978-4-908827-62-4 C0476

           

          〈紹介文〉
          深い悲しみや苦しみを知っているからこそ
          感謝の気持ちがあふれてくる
          「…グレーさとゆうか、真っ白でもないクリーム色とゆうか
          そんなくらいが、いちばん誰に対しても優しいんじゃないかな」
          「不完全なじぶんをそっと抱きしめてあげれると
          ほかの誰かのことも、そのまま包んであげれるとゆうか…」
          (本文より)
          著者のありのままの心と思いを伝えるエッセイ。
          きっとあなたにも共感できる部分があるはずです。

           

          <著者について>
          Asuka Chibi(あすかちび)
          人生、生きていたら何度でもやりなおしはきくっちゃ。
          世界中のみんなと、友達以上恋人未満になりたかった夢?が
          いつしかハートで叶ってるみたいです。
          元高級料亭宴会部長
          恵まれたご縁を大切に経営者の方の顧問セラピーなども行っています。


          【原初の、学校――夜間定時制、湊川高校の九十年】みずのわ出版刊

          0

             

            「原初の、学校――夜間定時制、湊川高校の九十年」(登尾明彦著)が昨年末、みずのわ出版から刊行されました。詳細は、下記ブログとフェイスブックをご参照ください。

             

            ◎ブログ https://mizunowa.hatenablog.com/
            ◎フェイスブック https://www.facebook.com/Mizunowashuppan/


            【OSTEN OSTEN PHOTO 002】D の3 行目刊

            0

               

              書名:OSTEN OSTEN PHOTO 002
              写真:名嘉雄樹
              編集:D の3 行目
              判型:W172×H198、並製
              ページ数:30p
              発行:2020 年1 月20 日
              価格:本体2,000 円+ 税(ISBN978-4-909328-39-7 C3470)
              内容:2019 年4 月より定期刊行している写真集の第3 号。

               

              ★新刊書のチラシ(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


              【日本廃村百選−ムラはどうなったのか】秋田文化出版刊

              0

                 

                日本廃村百選−ムラはどうなったのか

                 

                著者:浅原昭生 
                    Team HEYANEKO代表

                    ブログ:HEYANEKOの棲み家(へき地ブログ)

                 

                発行:秋田文化出版
                定価:2,200円(10%税込)

                   四六判・280ページ

                   ISBN4-87022-589-3


                全国の代表的な廃村100ヵ所の「ありのままの姿」を紹介

                 

                令和の世を迎え、人口減はいよいよ加速する。限界集落が無住になると、どうなっていくのだろうか。
                本書では、廃村調査の第一人者である著者が、農山村、戦後開拓集落から鉱山、炭鉱、営林集落、漁村、離島まで、47都道府県の廃校廃村100ヵ所における「ありのままの姿」を紹介し、そこに秘められた可能性を模索する。
                元住民からの聞き取りをまとめた「集落の記憶」も集落。オールカラーでおくる日本全国廃村レポート。

                 

                ★新刊書のチラシ(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                【琵琶湖と西日本の静かな釣り『Walton』09号】ウォルトン舎刊

                0

                   

                  琵琶湖と西日本の静かな釣り『Walton』09号


                  ISBN978-4-9906637-8-0
                  定価:本体1,500 円+税
                  近刊予定


                  創刊10冊目となる09号の表紙は、俳優の反町隆史さんがリラックスして釣りを楽しんでいる姿です。今号には三浦修さんによる、反町さんの琵琶湖への熱い想いを綴った記事が掲載されます。美しい写真とあわさった、大変お勧めできる内容となりました。


                   また今号では琵琶湖南湖でのホンモロコ釣りの現状を伝える記事や、ホンモロコ釣り77年の大ベテラン杉田さんによる「京風ホンモロコの炊いたん」のレシピも紹介します。


                   特集は「小舟から楽しむベイトキャスティング」。カナディアンカヌーからのプラッギングの章ではサムルアーズの山岡親子、ワイヤーベイトの章ではバクシンオリジナルの藤本さんが登場、アクティブなルアーキャスティングの魅力について紹介しています。


                   その他にも、ビワマス釣りやテンカラ釣りなどがテーマの新連載が始まります。また今号からはオールカラーとなり、より楽しんでいただける誌面となりました。


                   いずれも読み応え十分で、多忙な大人が釣りに行けないときの息抜きとして、最適な内容となっています。


                  『Walton』09号概要
                  【琵琶湖の釣り】 
                  ◆ おかえり! 南湖のホンモロコ ―人知れずひっそりと戻っていた幻の魚― 
                  ◆ホンモロコをおいしくいただく 特別編 杉田さんの京風 ホンモロコの炊いたん      
                  ◆淡海ビワマス通信 1 鍋島直晶
                  ◆琵琶湖の魚の不思議と謎5 アマゴとヤマメ  桑原雅之
                  ◆特別寄稿  たどり着いた大湖のほとり、そこは心躍る静かな楽園だった
                      ?反町隆史さんが琵琶湖ですごす休日?  三浦 修
                  ◆見つけた! 琵琶湖の宿 ラシーヌホーム針江
                  ◆よく釣れるアカシスタイル 2 明石光正

                  【特 集】小舟から楽しむベイトキャスティング
                  ◆カナディアンカヌーでプラッギング 
                    ?サム山岡さん&社員A氏登場! 編?
                  ◆明日に向かって投げろ!
                    ?バクシン藤本さんの迷いなきスタイル?

                  【海の釣り】
                  ◆続オッチャンのためのヒラスズキ釣り入門  武田 栄& Y師匠の講義より

                  【連 載】
                  ◆私が愛する野外道具 第2回【コールマン モデル 335】 大前成忠
                  ◆釣人は荒野を目指す1 新家邦紹
                  ◆バクシン藤本の東方見聞録掘‘K楪礁
                  ◆六度九分的ウオ釣り再入門  第六回 行友 光
                  ◆釣り場に歴史あり◆_野茂一
                  ◆ネコが釣る!!  其の二 北谷誠丈
                  ◆テンカラ釣りへの誘い 遊 魚人
                  ◆キヨシ先生のフライタイイング万歳! 5 Kiyoshi Nakamatsu

                  ◆ウォルトンタイムズ  〇核楞農个気鵑鮗鼎 / ⇒篝鄂綏呂慮従 / 5都の賀茂川支流で開催された「パタゴニア」のテンカラ教室 / す河原トラウトタウンで過ごすのんびりとした週末 / ト琶湖畔で開催された子供向けのルアーキャスティング教室 / Α屮后璽僉璽好肇薀ぅクラブ」の心地良い空気感 / Д侫ッシングショーOSAKA 2019


                  増刷・重版のお知らせ−石風社と書肆侃侃房の問い合わせの多い本です。

                  0

                    増刷・重版のお知らせ−石風社と書肆侃侃房の問い合わせの多い本です。

                     

                    1)、NHK「あさいち」で川上未映子さんが紹介された書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)刊行の笹井宏之著「ひとさらい」1200円は、12/23に重版となります。


                    2)、石風社、中村哲さんの著作増刷について
                     ◎「医者用水路を拓く」増刷出来(2500冊)12/23予定


                     ◎「ダラエヌールへの道」
                     ◎「医者井戸を掘る」
                     ◎「医は国境を越えて」
                     ◎「ペシャワールにて」
                     ◎「辺境で診る辺境が見る」
                    上記5点は年明け増刷(各2500冊)出来です。
                    2020年1/10〜15日くらいに地方・小出版流通センター入荷予定です。


                    以上よろしくお願いします。


                    【脳神経疾患の専門病院 広南病院が考える 毎日使える減塩レシピ】プレスアート刊

                    0

                       


                      脳神経疾患の専門病院 広南病院が考える 毎日使える減塩レシピ


                      「脳卒中は今や“高齢者の病気”ではなくなってきています」(広南病院院長・藤原悟さん) 。
                      60〜80歳代の発病率が高いとされてきた脳卒中。いまや40代未満で発病する人が増えています。原因は10代、20代の生活習慣や食事と言われています。健康寿命を延ばすために、広南病院院長の藤原悟さんと管理栄養士&医学博士の五十嵐祐子さんが「おいしい減塩」のコツとレシピを教えてくれました。


                      2019年11月29日(金)発売
                      B5判/オールカラー/60P
                      価格/1000円+税
                      ISBN 978-4-9908190-3-3 C0077 ¥1000E
                      発行/株式会社プレスアート
                       

                      ★新刊書のチラシ(pdf)が、コチラにございますのでご参考になさってください。


                      << | 2/56PAGES | >>