calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

広告

熊日新書「俳句逍遥 小さきものへのまなざし」

0

     

    2020(令和2)年9月20日発売

     

    熊日新書「俳句逍遥 小さきものへのまなざし」

    著者:岩岡中正(俳誌「阿蘇」主宰)

     

    【著者プロフィール】 *いわおか・なかまさ*

    1948年(昭和23)熊本市生まれ。熊本大学名誉教授。博士(法学)。九州大学在学中に俳句を始める。俳誌「阿蘇」主宰。公益社団法人日本伝統俳句協会副会長。2005年熊本県文化懇話会賞、2008年句集『春雪』で熊日文学賞、2011年『虚子と現代』で山本健吉文学賞。著書に『子規と現代』、『石牟礼道子の世界』(編著)ほか。句集に『夏薊』など。現在、毎日新聞〈俳句月評〉、読売新聞(西部本社)〈季評・俳句〉担当、『俳句』(角川書店)令和俳壇選者。

     

    定 価:1,210円(本体価格1,100円+税)

    仕 様:新書判、248ページ

    発 行:熊本日日新聞社

    ISBN:978−4−87755−613−6

     

    熊日出版HP https://www.kumanichi-sv.co.jp/books/


    【内容】
    *一茶、子規、虚子、**漱石**、汀女…*

    *時代は移り変わっても色あせない「俳句の魅力」。*

    *俳人150人の500句を読み解く。*

    著者執筆による「俳句への招待」(熊本日日新聞2013年10月〜2014年4月連載)、「四季の風」(『くまにちあれんじ』2010年4月〜2020年7月連載)、「小さきものへのまなざし」(『NHK俳句』2013年4月号〜2014年3月号連載)の内容を一部修正し、再編集。これから俳句を始める人にとって格好の入門書。


    コメント
    コメントする