calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

広告

【私のふるさと】ポエムピース刊

0

     

    〈書名〉私のふるさと
    〈出版社名〉ポエムピース株式会社
    〈著者名〉ことば:斎藤イネ 絵:朝倉悠造三
    〈本体価格〉1500円
    〈税込価格〉1620円
    〈ページ数〉40ページ
    〈発行年月日〉2019/9/24発行
    〈出版社所在都道府県名〉東京都
    〈ISBNコード〉978-4-908827-57-0 C0095

     

    〈紹介文〉
    原発事故は 苛烈なまでに公平に、 ふるさと福島から、 あらゆるものを消し去った。 原発事故は 苛烈なまでに公平に、 ふるさと福島から、 あらゆるものを消し去った。
    豊かな山河も、穏やかな生活も、 楽しい、悲しい、愛しい、苦しい、 しかしかけがえのない記憶が刻印された家々も …… そして、なにものにもかえることのできない、一人 ひとりの身体が息づいていた「ふく しま」は、「フクシマ」というひとつ の記号になってしまった。
    ふるさとは失われた …… この痛切な悲しみと怒りの言葉 と写真に、福島在住の水墨画家が、思 い出をたどりながら美しい絵を添えた。本書は失われた故郷への慟哭の書 であるとともに、原発事故の悲惨を 訴える告発の書であり、さらに未来へ の希望を託した祈りの書である。

     

    <著者について>
    ことば 齋藤イネ 昭和23年、私は疎開先である母の実家大玉村で生まれ、母 カネの一文字をとってイネと名付けられました。母を1 才半で 亡くし、東京に戻って10才の時に父も亡くなりました。七人兄姉の末っ子として唯一福島県で生まれた私が相馬地方に移 住し、安達太良山の麓にある両親の墓守りをしているのも偶然ではないと思います。だから、東日本大震災で津波と原発 事故に遭遇した事も、私の運命であったと思っています。

    絵 朝倉悠三 1940年生まれ 福島県南相馬市在住・元高校美術教諭、 全日本水墨画記念展大賞はじめ数多くの受賞歴を誇り、相馬市、南相馬市、浪江町などでは公共施設にパブリックアートを展開。2011年5月より福島民放にて『震災絵日記』を連載。2019年に同社より上梓。全日本水墨画会会員。日本デザイン学会会員

     

    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック