calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

広告

【CITIZENS' RADIATION DATA MAP OF JAPAN DIGEST EDITION】みんなのデータサイト出版刊

0

     

    書名: CITIZENS' RADIATION DATA MAP OF JAPAN DIGEST EDITION
    (副題)Glassroots Movement Reveals Soil Contamination in Eastern Japan in the Wake of Fukushima!
    (参考日本語:草の根運動が明らかにする  福島原発事故以降の東日本の土壌汚染)


    著者名: みんなのデータサイト(Minna-no Data Site)
    刊行年: 2019年9月21日(予定)
    出版社名: みんなのデータサイト出版(Minna-no Data Site Publishing)

    ISBN: 978-44910427-1-3

    定価:500円(+税)

     

    【要旨】

     2018年11月に市民団体「みんなのデータサイト」刊行した『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』。
    「国がやらないなら市民の手で」と3年間で4,000人の市民の協力を得て3,400箇所の土を実際に採取し測定し、東日本17都県の放射能マップと解説集を作り上げた。本書は200ページの書籍から第1章土壌を中心に抜粋し、英訳したダイジェスト版。
    17都県全体が見渡せる土壌マップ、100年マップなどのほか、特に海外から問い合わせが多い2020年の17都県マップ、福島原発事故以前の47都道府県の放射性セシウム濃度などを新規に収録。
    団体紹介や、土壌プロジェクトの手法解説も。A4版オールカラー16ページ。

     

    目次(訳)

    P.2-3 汚染という言葉について・なぜベクレルで測るのか?

    P.4-5 「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」とは?

    P.6-7 2011年 東日本土壌ベクレル測定プロジェクトによる「東日本17都県マップ」

    P.8 2020年セシウム汚染地図

    P.9 2010年:福島原発事故前の47都道府県土壌濃度マップ

    P.10-11 放射性セシウム汚染 減衰推計100年マップ 2011−2111

    P.12 みんなのデータサイトとは

    P.13 みんなのデータサイトにおける測定精度管理

    P.14-15 みんなのデータサイト 参加測定室一覧
    P.16 用語集・クレジット


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック