calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

広告

【創造と模倣 移動芸術論】三月社刊

0

     

    タイトル:創造と模倣 移動芸術論


    著者:栂正行著

    発行・発売:蟷扱郤
    奥付発行日;2019年3月9日

    四六判並製 カラー口絵4p+240p
    ISBN978-4-9907755-3-7
    C0070 ¥2200E

     

    ◆紹介文
    “創造”と“模倣”の関係を“移動”のなかで幅広く問う、英語圏文学研究者の手によるアートの論考集。ノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ、V・S・ナイポールの作品世界に投錨し創造の航路をつぶさに描き出す。模倣が創造に変わる節目を生活と芸術の全方位で観察。小説、絵画、模型、ミニチュア。拡大、縮小、反復、翻案、転用、転換。オリジナルと複製芸術。パスティシュと「まがい物」。イデアとミメーシス。画家たちの伝記的映画に創造への転換を探る。

    移動とアートの関係、模倣が創造に変わる節目とは?
    ノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ、V・S・ナイポールの作品世界に投錨し創造の航路をつぶさに描き出す。“創造”と“模倣”の関係を幅広く問う論考。

     

    ◆目次
    第一章 アートと移動
    第二章 イシグロのトポス
        大阪から長崎へ、
        そしてポストコロニアルへの旅
    第三章 模倣から創造へ
    第四章 創造への転換
        画家・小説家・音楽家を巡る
        映画を糸口に
    第五章 創造と信頼
        カズオ・イシグロの世界の成立


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック