calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広告

【ここはばんこ焼のまち!】月兎舎刊

0

     

    萬古焼の生みの親 沼波弄山(ぬなみろうざん)
    生誕300年記念ガイドブック
    「ここはばんこ焼のまち!」

     

    江戸時代、桑名の豪商が窯をひらき
    明治時代に四日市の地場産業として
    発展した萬古焼(ばんこやき)。
    国内シェア80%以上を誇る土鍋や
    お茶をおいしく抽出する急須など
    ふだんの食卓に登場しながらも
    どういったやきものか意識されていない
    三重ブランド・萬古焼の知られざる魅力を
    グラフィカルに紹介します。

     

    あの方もこの方も萬古焼に夢中!
    伊藤まさこさん(スタイリスト)
    平松洋子さん(エッセイスト)
    泉谷しげるさん(シンガーソングライター)
    浦嶋りんこさん(ヴォーカリスト)…ほか

     

    監修=内田鋼一(陶芸家・美術家) 

     

    [目次] 
    自由で、しなやかで、創意工夫に満ちた萬古焼 内田鋼一 02
    グラフィティ ここが ばんこ焼のまち 06
    history of BANKO 22
    萬古焼のあゆみ 24
       古萬古
       弄山から有節へ
       有節萬古
       萬古焼の超絶技巧
       名工たちによる白泥と紫泥の急須
       型萬古の木型・急須の道具
       四日市萬古のはじまり
       ユニーク面土瓶・萬古焼動物園
       明治期のユーモア溢れる輸出陶器
       色・いろいろ
       大正焼
       統制陶器・代用陶器
       昭和の輸出陶器
       三島の系譜
       現代の萬古焼

     

    萬古焼を暮らしの中へ 伊藤まさこ 64

     

    萬古焼の現場 80

     

    窯屋・土・素地・石膏型・釉薬・問屋

    萬古焼のまちガイド 104  


    見る・食べる・買う・泊まる・まつり

    対談 生活道具としてのやきもの 122
       平松洋子×内田鋼一

     

    寄稿 萬古まつりの思い出 浦嶋りんこ 62
    寄稿 愛しの萬古焼 泉谷しげる 63
    寄稿 四日市市のプロモーション映像に出演して 京本政樹 121

     

    萬古焼の組合員一覧 130
    萬古焼のまち地図 136
    おわりに 142 

     

    [書名]ここはばんこ焼のまち!
    [出版社名]月兎舎 http://www.i-nagi.com
    [本体価格]1500円+税
    [判型]B5判 オールカラー144頁
    [発行年月日]2018年9月29日
    [出版社所在都道府県名]三重県
    [ISBN]978-4-907208-13-4 C0072

     

    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック