calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広告

【鳥海山の自然と生物】秋田魁新報社刊

0

     

    書籍名 鳥海山の自然と生物
    著者 マンサク会
    体裁 A5判、222ページ
    定価 本体価格1500円+税
    刊行日 2018年9月2日
    ISBN 978-4-87020-403-4  C0045
    秋田魁新報社刊

     

    (内容)
    秋田、山形両県にまたがる鳥海山をこよなく愛する生物研究グループ「マンサク会」のメンバーが、長年撮りためた写真や資料を基にまとめた一冊。「鳥海山の植物」「鳥海山の野鳥」(いずれも秋田魁新報社刊)に続く第3弾です。


    標高2236mの鳥海山は、山頂が日本海の海岸線から直線にしてわずか16劼涼賄世砲△蠅泙后そのため、海岸から高山まで変化に富んだ環境があり、多種多様な生き物の姿を見ることができます。


    本書では、鳥海山を「里山」「ブナ林」「湿原」「高山」「河川」「海岸」などの環境別に紹介。鳥海山の水の恵みや、江戸時代の大地震で島々が隆起した景勝地象潟など、幅広い視点からも鳥海山の自然の魅力を伝えています。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック