『松江歴史館蔵・極秘諸国城図 図版集』松江歴史館発行

0

     

    平成26年7月と同27年2月に松江歴史館の所蔵資料から、未解明の城を描いた絵図が新たに見つかりました。
    その内1枚は、大坂冬の陣に際して豊臣方の武将真田信繁(幸村)が築城した真田丸を描いた絵図「大坂 真田丸」。もう一枚は徳川家康築城時の江戸城を描いた最古級の絵図「江戸始図」です。新聞の一面を飾るなど大きな反響がありました。
    これらの城絵図はいずれも「極秘諸国城図」という全74図からなり、東北から九州に至る各地の城絵図に含まれています。
    この「極秘諸国城図」は昭和20年代に市民から松江市に寄贈されたものです。
    この度、全74図の図版集として発刊されます。


    書名:『松江歴史館蔵・極秘諸国城図 図版集』
    体裁:A4判横開き、ハードカバー、82ページ(予定)、オールカラー
    定価:本体価格3,000円+税
    編集発行:松江歴史館
    発売:6月下旬予定
    ISBNコード:978-4-87903-215-7


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック