【中世の名門 宇都宮氏】下野新聞社刊

0

     

    中世の名門 宇都宮氏
    ちゅうせいのめいもんうつのみやし

     

    下野新聞社編集局 著
    四六判・並製・216頁・オールカラー
    1500円+税
    ISBN978-4-88286-704-3
    下野新聞社刊


    宇都宮さんは愛媛・大分・福岡に多いんです。
    その理由を知っていますか? 

     

    坂東一の弓矢取りと言われ、中世歌壇にも華やかな足跡を残した宇都宮氏。その全体像に迫ります。好評企画連載、待望の書籍化!

    宇都宮氏は平安時代末から22代、400年以上も下野国の中央を支配し続けた中世の名族でした。

     

    その勢力圏は宇都宮にとどまらず、県内外、遠くは九州、四国にまで及びました。法然や親鸞、藤原定家など関わり合った人材も多彩です。

     

    そんな宇都宮氏の歴史を写真や図、年表などとともにオールカラーで紹介していきます。各寺院への詳細アクセスでガイドブックとしても使えます。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック