【サステナビリティ経営 Sustainabilitiy Management −JISQ14001:2015及び環境マニュアル付−】大阪公立大学共同出版会刊

0

     

    <書名>サステナビリティ経営 Sustainabilitiy Management −JISQ14001:2015及び環境マニュアル付−
    <出版社名>大阪公立大学共同出版会
    <著者名>井上 尚之
    <本体価格>2300円
    <頁数>240ページ
    <発行年月日>2018年2月28日
    <出版社所在都道府県名>大阪府
    <ISBNコード>978−4−907209−80−3


    <紹介文> 日本における環境経営を歴史的に辿ると「環境経営」⇒「CSR経営」⇒「サステナビリティ経営」という系譜になる。CSR(Corporate Social Responsibility企業の社会的責任)に関しては、日本、アメリカ、EUで起源が異なる。日本では1996年の国際環境マネジメント規格ISO14001:1996発行と共にこれをベースに本業に即した環境保全を目指す経営が「環境経営」ともてはやされた。これに対してアメリカでは成功企業のフィランソロピー(慈善活動)がCSRの起源である。一方日・米とは異なり国家を超えた地域統合体であるEUは、雇用などの社会問題の解決を企業に求めようという意識が強い。これらのCSRを統合して、環境問題解決に加えて社会問題を解決していこうとする経営が「CSR経営」である。さらにここに「持続可能な開発(Sustainable 
    Development)」を加えた経営が「サステナビリティ経営」であり、本書はこれらを詳述している。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック