【幕末の探検家 松浦武四郎 入門】月兎舎(げっとしゃ)刊

0

     

    【幕末の探検家 松浦武四郎 入門】月兎舎(げっとしゃ)刊

     

    蝦夷地を探査、アイヌの人権を訴えた幕末の探検家
    生誕200年・北海道命名150年記念出版

     

     松浦武四郎は三重県松阪市に生まれ、全国を旅して百冊以上の書物を出版しました。幕末期に、未開と言われた蝦夷地も六度にわたり探査。知られざるアイヌ文化を内地へ紹介するとともに、蝦夷地に代わる名称として「北加伊道」を上申したことから“北海道の名付け親”と言われています。
     好奇心と愛と冒険心に満ちた武四郎の生涯を「松浦武四郎記念館」主任学芸員の山本命氏が執筆。東西蝦夷山川地理取調図(全26枚)や、北海道に散在する武四郎碑ガイドも収録。武四郎のすべてがわかる入門書です。明治150年で、幕末・維新への関心が高まる今こそ読んでおきたい一冊。

     

    本書の主な内容
    ○巻頭グラビア
    羊蹄山、阿寒湖…武四郎が歩いた風景をカラー写真で
    ○松浦武四郎の生涯
    「松浦武四郎記念館」主任学芸員の山本命氏が執筆。
    武四郎直筆の取材メモや著作物などの写真多数。
    ○東西蝦夷山川地理取調図
    武四郎が北海道中を歩いて完成させた、9800 ものアイヌ語地名が記された地図(全26 枚)を完全収録。
    ○北海道の武四郎碑めぐり
    北海道には松浦武四郎の顕彰碑が50 以上あり、アプローチしやすい30 数カ所をわかりやすくガイド。
    ○武四郎のふるさと三重県松阪市三雲町
    伊勢街道沿いにある武四郎の生家や記念館を紹介
    ○武四郎の著作物/関連書籍/略年譜など

     

    オビ  三重県知事 北海道知事

     

    A5判カラー・モノクロ143頁
    ISBN978-4-907208-12-7

    編集・発行 月兎舎(げっとしゃ)
    三重県伊勢市馬瀬町638-3
    http://www.i-nagi.com


    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック