calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

広告

「ぼくと2まい葉」(ポエムピース刊)

0

     

    〈書名〉ぼくと2まい葉

    〈出版社名〉ポエムピース

    〈著者名〉文/水田宗子 絵/小原風子

    〈本体価格〉1400円

    〈税込価格〉1512円

    〈ページ数〉32ページ

    〈発行年月日〉2017年10月25日

    〈出版社所在都道府県名〉東京都

    〈ISBNコード〉978-4-908827-28-0 C8790

     

    〈紹介文〉

    "さみしいぼくの心を包み込んでくれたのは、おばけみたいな2まいの葉っぱだった"

     

    お母さんを亡くした5歳の男の子「ぼく」が、
    2000年生きるという2まい葉と出会い、会話する中で、成長していくお話。

     

    植物の存在を信じないパパからは「化石じゃないの?」と言われ、男の子は太古の世界を想像する。
    やがてママは化石になってまた会いにくる、という希望を抱いていく。

     

    植物の名はウエルウイッチア、別名「キソウテンガイ」。アフリカのナミブ砂漠にのみ自生する希少植物。
    砂漠という過酷な環境で、2まいの葉だけを長く伸ばし続け、数百年から2千年生き続ける。
    2まいの葉を伸ばし続ける植物は、他に類がないことから「奇想天外」と呼ばれることも。
    現在、ウェルウィッチアの若い個体はほとんど見つかっておらず、世界中の植物園では栽培しながら、種の存続を試みている。


    ※本書が書かれるきっかけとなった城西大学薬用植物園(埼玉県坂戸市)では、ウェルウィッチアをはじめ、絶滅の危機にある植物を数種展示。種の保存に力を入れている。

     

    【 対象年齢:読み聞かせ3才位〜】


    <著者について>

    文・水田宗子(みずたのりこ)

    1937年、東京都生まれ。

    詩人、比較文学・女性学・ジェンダー論の研究者。東京女子大学文理学部英米文学科卒業。米国イェール大学大学院博士号取得(アメリカ文学)。

    2004年から2016年まで学校法人城西大学、城西国際大学で学長、理事長を歴任。学生時代から詩作、評論、研究活動に取り組む。

    代表作に一巻選集「水田宗子詩集」(思潮社)、大庭みな子氏との往復詩「炎える琥珀」(中央公論社)など。

     

    絵・小原風子(おばら ふうこ)

    1971年、福島県生まれ、南相馬市在住。

    東京藝術大学で日本画を学んだあと帰郷。チルドレンズミュージアムや学童保育など、子どもたちと関わる仕事を続けながら、海のそばで絵や絵本の制作をしている。

    2012年『僕らの海』、2015年『もこもこ雲のテラドラゴン』(ともに自主出版)、2016年『ももいろのアルパカ』(ポエムピース刊)を発表。福島の自然との出会いから着想した作品を生み出している。

     

    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック