calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

広告

「2.5% 奇跡の命」(ポエムピース刊)

0

     

     

     

    〈書名〉2.5% 奇跡の命
    〈出版社名〉ポエムピース
    〈著者名〉井上エリー
    〈本体価格〉1250円
    〈税込価格〉1350円
    〈ページ数〉192ページ
    〈発行年月日〉2017年1月20日
    〈出版社所在都道府県名〉東京都
    〈ISBNコード〉ISBN978-4-908827-20-4 C0095
    〈紹介文〉
    神さま、どの命も
    生かしつづけたいって思ったら
    いけませんか?

     

    主治医から「心肺停止で病院に運ばれてきて生き返ったのは、2.5%くらい」と聞かされて、たちまち奈落の底へ突き落とされた。
    きっとそれが真実なのだろうけれど、助かるのはほとんど奇跡ということ?  もっと大きな不安に襲われ、折れかかっていた心が砕かれるような気がした。(本文より)

     

    深まっていく命への思い
    くっきりと見えてきた
    命のつながり
    涙あふれる真実のストーリー

     


    2・5% 奇跡の命  もくじ

     

    はじめに あなたがいなくなって
       ・今日生きたい1日は、誰かが生きたかった1日

     

    第1章 自分の身体  
          〜 乳がんの手術 2011年8月31日 〜
       ・手術を受けに福岡へ
       ・「おっぱい切除しちゃえば?」
       ・私のことも心配して

     

    第2章 夫の発病
          〜 肝硬変 2011年7月 〜
       ・好きなもんはやめん!
       ・「な・が・く・な・い」って? 最初の入院
       ・自宅療養の悪循環
       ・空ちゃん 
       ・一時復職

     

    第3章 出会い  
          〜 松山東高等学校 1976年から 〜
       ・キラキラの青春時代
       ・思い出の高3運動会
       ・遠距離恋愛
       ・家族のスタート!


    第4章 息子と野球
          〜 出産 1993年から 〜
       ・息子の誕生
       ・私の大切な宝物
       ・野球で結ばれた親子
       ・息子の試練
       ・最後の応援

     

    第5章 肝移植
          〜 静脈瘤破裂 2011年9月17日 〜
       ・救急搬送……再び入院
       ・ICUの待合室
       ・一般病棟へ
       ・「ぼくの肝臓をあげるよ」
       ・夕暮れのくるりん
       ・転院

     

    第6章 命のつながり
          〜 息子の命 2011年10月16日 〜
       ・学校からの電話
       ・低温治療
       ・祈り
       ・仲間とAED
       ・心の底から「ありがとう」
       ・息子の心臓
       ・再び、肝移植へ


    第7章 最期の涙
          〜 夫の旅立ち 2011年12月24日 〜
       ・生きる可能性を信じたい
       ・息子の手術
       ・岡山大学ICU
       ・夫の最期
       ・お葬式
       ・年明けに

     

    第8章 がんばっていきまっしょい
          〜 私たちの甲子園 2015年3月25日 〜

     

     

    著者プロフィール
    井上エリー

     

    愛媛県松山市生まれ。身体・心の感性を豊かにするフィットネスインストラクター

     

    幼少よりダンスを習う。大学を卒業後、当時流行り始めたエアロビクスを習得し指導。この分野での草分け的存在となる。
    スタジオ運営の後、地域の人々の健康のために、健康体操の指導や講演を行う。
    自らの乳がん手術、家族の病気の闘いから命の本質と人のつながりの大事さを学ぶ。
    また、数奇な体験を通して得た「命の大切さ」「心と身体のつながり」をテーマにした講演活動も開始。

     

    松山市エアロビクス協会会長
    NPO法人健康づくり推進機構理事
    アメリカスポーツ医学会公認EP−C(運動生理学者)

     

    =井上エリーからのPR=
    地域の健康教育のお手伝い。
    ふあ、ゆる、きらり。癒しをモットーに
    フィットネスインストラクター30年
    健康と運動の講演活動.楽に楽しく動ける体操
    ナチュリラ体操で地域に元気を運びます!

     

    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック