calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

広告

『碧い眼に映った日光 外国人の日光発見』(下野新聞社刊)

0


    『碧い眼に映った日光 外国人の日光発見』

    いま、内外から多くの参拝客と観光客を迎える世界遺産「日光の社寺」(栃木県)。
    しかし、明治維新(1868年)直後は、徳川の聖地だったゆえに庇護を失い、廃仏毀釈などで、ひっ迫していた。その中、いち早く日光の価値に気づいたのは、外交官や旅行者などの碧い眼の外国人であった。彼らは歴史と文化を賞讃し、美しい自然に感動した。そして、日光を広く世界に知らしめた。
    碧い眼の訪問者が語った日光の魅力を、杉並木から中禅寺湖まで、共にたどる一冊。

    本書で共に旅をする、碧い眼の訪問者たち
    アーネスト・サトウ
    エミール・ギメ
    エドワード・モース
    イザベラ・バード
    ピエール・ロチ
    ヘンリー・アダムズとジョン・ラファージ
    メアリー・ダヌタン
    ポール・クローデル

    *書籍名:碧い眼に映った日光 外国人の日光発見
    *著 者:井戸 桂子
    *発 行:下野新聞社
    *仕 様:A5判 並製 158頁
    *定 価:1,500円+税
    *ISBNコード:978-4-88286-560-5
    *分類コード:C0021
    *発売日:平成27年2月上旬

    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。
     

    コメント
    読者様・書店様

    本書『碧い眼に映った日光 外国人の日光発見』はこのたび第6回「ふるさと自費出版大賞」(全国新聞社出版協議会主催)大賞受賞しました。外国人から見た当時日光は、今私達が見ても新鮮です。これを機会に仕入れを検討していただけると幸いです。下野(しもつけ)新聞社出版部
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック