calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

広告

書評【ブロニスワフ・ピウスツキ伝】成文社刊 他

0

     

    【ブロニスワフ・ピウスツキ伝 〈アイヌ王〉と呼ばれたポーランド人】成文社刊の書評が、3/22付け北海道新聞「読書ナビ」欄にて紹介されています。当該書評記事の内容(画像、jpg)は、こちらです。

     

    これは第162回直木賞受賞作『熱源』をきっかけに、サハリンの近代史に注目が集まっている中、同書のほかにも優れた類書があるという趣旨から書かれたもの。書評記事は<「サハリン近現代史」を読む 先住民族やピウスツキ描く10選>と題され、成文社の本が2冊(下記参照)紹介されています。選書等ご参考になさってください。

     

    【ブロニスワフ・ピウスツキ伝〈アイヌ王〉と呼ばれたポーランド人】
    沢田和彦著

    ISBN978-4-86520-040-9 C0023
    A5判上製 本文縦2段組400頁
    定価(本体4000円+税)
    2019.12発行
    内容紹介:ロシア領リトアニアのポーランド貴族の家に生まれたピウスツキは、ペテルブルグ大学へ進学するも、皇帝暗殺未遂事件に連座してサハリン島へ流刑。そこで彼はギリヤークとアイヌの調査に従事し、アイヌ女性との間に二児をもうける。その後訪れた日本での多彩な人々との交わりは、われわれに明治日本の面影を生き生きと伝えてくれる。過酷な運命を生きた巨人の生涯を、近代史を彩る珠玉のような事柄とともに描く、本邦初の本格的評伝。

     

    【トナカイ王 北方先住民のサハリン史】
    N・ヴィシネフスキー著/小山内道子訳

    ISBN4-915730-52-2 C0022
    四六判上製 224頁
    定価(本体2000円+税)
    2006.04発行
    2006.06 第二刷
    内容紹介:サハリン・ポロナイスク(敷香)の先住民集落「オタスの杜」で「トナカイ王」と呼ばれたヤクート人ドミートリー・ヴィノクーロフ。かれは故郷ヤクーチア(現・サハ共和国)の独立に向け、日本の支援を求めて活動した。戦前、日本とソ連によって翻弄された北方先住民たちの貴重な記録。

     

    【追記1】2/2付け〖読売新聞』にも【ブロニスワフ・ピウスツキ伝】の書評が掲載されています。併せてご参考になさってください。

     

    【追記2】3/27付け『週刊読書人』でも『ブロニスワフ・ピウスツキ伝』書評されてます。


    【ロシア・インテリゲンツィヤの運命 イヴァーノフ=ラズームニクと20世紀前半ロシア】成文社刊

    0

       

      【ロシア・インテリゲンツィヤの運命 イヴァーノフ=ラズームニクと20世紀前半ロシア】成文社刊の書評が、2019年10月25日号『週刊読書人』に掲載されました。下記urlにて、ご参考になさってください。

      https://dokushojin.com/article.html?i=6119

       

      ロシア・インテリゲンツィヤの運命
      イヴァーノフ=ラズームニクと20世紀前半ロシア

       

      松原広志著


      ISBN978-4-86520-032-4 C0022
      A5判上製 本文縦組308頁、口絵4頁
      定価(本体4000円+税)
      2019.04

      成文社刊


      自由と人格の尊厳を求めて文筆活動に携わり、帝政ロシアからスターリンの監獄まで経験、その後ナチス・ドイツの収容所を経て、戦火のヨーロッパ各地の亡命ロシア人と文通したイヴァーノフ=ラズームニク。ロシア・インテリゲンツィヤの伝統を受けつぎ、文学の言葉で社会主義、宗教、人格、倫理、戦争などの問題を論じ、ゴーリキー、ブルガーコフ、ベルジャーエフ、プレハーノフたちと交わした論争と流浪の生涯を浮き彫りにする。


      書評:【イヴァン雷帝の『絵入り年代記集成』】成文社刊

      0

         

        成文社発行の【イヴァン雷帝の『絵入り年代記集成』】が産経新聞の書評に掲載されています。ご参考になさってください。

        下記urlでご覧いただけます。

         

        https://www.sankei.com/life/news/190414/lif1904140020-n1.html

         

        イヴァン雷帝の『絵入り年代記集成』
        モスクワ国家の公式的大図解年代記研究序説 
        栗生沢猛夫著

         

        ISBN978-4-86520-030-0 C0022
        A5判上製 カラー口絵68頁、本文横組328頁
        定価(本体6000円+税)
        2019.01

         

        【内容紹介】
        「天地創造」からの「世界史」とそれに続く16世紀までのロシアの歴史を1万7000余にのぼる極彩色の細密画で描き出そうとする『ロシア絵入り年代記集成』が2009〜2010年に初めて刊行された。全40巻の豪華本である。この『集成』はなぜこれまで日の目を見ることがなかったのか。謎の解明を目指すと同時に、その全体構成と内容、歴史史料としての意義について多数の細密画を例に挙げながら具体的に考察する。

         

        また、下記urlで成文社webサイトの当該書籍の詳細情報がご覧になれます。

        http://www.seibunsha.net/books/ISBN978-4-86520-030-0.htm


        【ロシアの躁と鬱 ビジネス体験から覗いたロシア】成文社刊

        0

           

          産経新聞WEBに同書の書評が公開されています。ご参考になさってください。

          下記URLをクリックすると当該ページが開きます。

          http://www.sankei.com/life/news/180610/lif1806100017-n1.html

           

          ロシアの躁と鬱
          ビジネス体験から覗いたロシア 
          中尾ちゑこ

          ISBN978-4-86520-028-7 C0026
          四六判上製 200頁
          定価(本体1600円+税)
          2018.05 成文社刊


          モスクワ大学経済学部付属ビジネススクールの校長と直談判して、日本のサービスやビジネスマナーの短期講師に就任──。それ以来、ロシアに特化したビジネスを展開する著者の目に映ったロシア、ロシア人、彼らとのビジネスを赤裸々に描く。48歳でロシアビジネスに踏み込んでいった女性の型破りの記録。


          【書評】『プリーシヴィンの日記 1914−1917』成文社刊

          0

             

            『プリーシヴィンの日記 1914−1917』(成文社刊)の書評が、産経ニュースのWeb版にアップされています。下記Urlをご覧ください。

             

            http://www.sankei.com/life/news/180401/lif1804010029-n1.html


            「プリーシヴィンの日記 1914−1917」
            ISBN978-4-86520-025-6 C0098
            A5判上製 532頁+口絵4頁
            定価(本体6400円+税)
            2018.02
            ロシアの人びとに最も愛される詩人のひとり、自然のひとプリーシヴィン。かれは若い頃から、詳細かつ厖大な記録(日記)を誌し続け、それはほぼ半世紀にもおよんだ。本書はその記録のなかから、第一次世界大戦からロシア革命に至る4年間を選び出し編訳したものである。メディアや人びとのうわさ、眼前に見る光景などが描かれ、時代の様相と透徹した眼差しが伝わってくる。


            【精神障害とともに】ラグーナ出版刊

            0

               

              【精神障害とともに】
              南日本新聞取材班編著


              単行本(ソフトカバー)
              300ページ
              出版社: ラグーナ出版 (2017/12/24)
              ISBN: 978-4-904380-70-3


              …人口に対するベッド数、入院患者数、20年以上の長期入院患者数が最も多いのが鹿児島だったという。
               「鹿児島の報道機関こそ取り組むべきテーマではないか」
               それが取材の出発点になった…


              よみうりオンライン
              http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20180205-OYT8T50106.html

               

              ご注文先URL https://honto.jp/netstore/pd-book_28822762.html


              『トルストイ 新しい肖像』E・J・ディロン著、成田富夫訳/成文社刊

              0

                 

                『トルストイ 新しい肖像』E・J・ディロン著、成田富夫訳/成文社刊

                の書評が「産経新聞」に掲載されています。

                 

                http://www.sankei.com/life/news/171001/lif1710010030-n1.html

                 

                ISBN978-4-86520-024-9 C0023
                四六判上製 344頁
                定価(本体3400円+税)
                2017.09


                アイルランド生まれの著者は、十九世紀末葉、世界的に名を馳せていたトルストイとの関係を築いていく。文学作品の翻訳から始まり、トルストイと彼を取り巻く人々との交わりは、著者ならではの体験と観測とを育み、新たなトルストイ像が形造られていく。


                東京かわら版新書 第3弾『鯉のぼりの御利益』を、大好評につき、緊急増刷しました!

                0

                   

                  東京かわら版新書 第3弾『鯉のぼりの御利益』を、大好評につき、緊急増刷しました!

                   

                  人気・実力・爆笑落語家! 瀧たきがわりしょう川鯉昇の初の自叙伝『鯉のぼりの御利益』
                  価格? 1200 円(税込)※カラー口絵付 全274 頁 (新書判 背幅18 ミリ)


                  ■ 朝日新聞ほか、各メディアで大好評を頂いて居ります!
                  7月30日の発売ですが、異例の売れ行きで、緊急増刷しました!
                  とにかくオモシロイと評判です。活字の力、内容のオリジナリティを読者様に評価して頂いた結果と捉えています。

                   

                  ※オビ文より●高校時代に学校から演劇部を辞めるように説得される!●師匠と一緒に段ボールで路上睡眠した日々
                  ●リアル「ちりとてちん」を食べて生死の境をさまよう●庭に生えている爐燭鵑櫃櫚瓩鮨べる貧しい師弟の暮らし
                  ●酒浸りの師匠が50 歳で廃業●移籍した師匠に中々はまらないでストリップ劇場に出稼ぎに● 50 夜連続で幽霊が枕許に立つ●お見合いを80 回失敗●何があってもめげない、タフな生き方が面白い、鯉昇ならではの自叙伝。師弟の深い絆に感動、芸論もたっぷり。御利益を感じる一冊です! 心の疲労回復にもオススメ。

                   

                  ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                  「異郷に生きる VI 来日ロシア人の足跡」(成文社刊)

                  0

                     

                    【追記】

                    毎日新聞2016年10月23日付け東京朝刊の「余禄」に本書のことが取り上げられています。

                    Web記事のタイトルは、<「日本人とロシア人が互いに敬愛の念を持つこと」だけを…>となっています。

                    http://mainichi.jp/articles/20161023/ddm/001/070/148000c

                    併せてご参照ください。

                     

                    成文社から刊行の『異郷に生きる VI 来日ロシア人の足跡』に関する書評が、産経新聞のサイトに掲載されています。

                    下記、URLです。

                     

                    http://www.sankei.com/life/news/161016/lif1610160020-n1.html

                     

                    異郷に生きる VI

                    来日ロシア人の足跡
                    中村喜和,長縄光男,沢田和彦,ポダルコ・ピョートル編


                    ISBN978-4-86520-022-5 C1023
                    A5判上製 本文横組368頁
                    定価(本体3600円+税)
                    2016.09
                    近代の歴史の中で、ともすれば反目しがちであった日本とロシア。時代の激浪に流され苦難の道を辿ることになったロシアの人々を暖かく迎え入れた日本の人々。さまざまな地域、さまざまな時期における日露交流の記憶を掘り起こす好評のシリーズ、最新の論集──

                     

                    本の詳細は下記出版社サイトをご覧ください。

                    http://www.seibunsha.net/books/ISBN978-4-86520-022-5.htm

                     


                    書評情報 『監獄と流刑 イヴァーノフ=ラズームニク回想記』 (松原広志 訳/成文社刊)

                    0

                       

                      成文社から刊行されている『監獄と流刑 イヴァーノフ=ラズームニク回想記』 (松原広志 訳)の書評が、「人生の大半を監獄で過ごした壮絶な記録」と題して、文藝春秋WEBに掲載されています。下記URLにてご覧になれます。

                       

                      http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1966

                       

                      監獄と流刑

                      イヴァーノフ=ラズームニク回想記 
                      松原広志訳


                      ISBN978-4-86520-017-1 C0023
                      A5判上製 本文縦2段組376頁、口絵4頁
                      定価(本体5000円+税)
                      2016.06
                      帝政ロシアの若き日に逮捕、投獄された著者は、物理学徒からナロードニキ主義の作家・思想家の途へ転じ、その著作で頭角を現す。革命後のロシアでは反革命の嫌疑をかけ続けられ、革命と戦争の激動の時代に三度の投獄・流刑の日々を繰り返した。不条理な、厳しい条件下にありながらソ連における公式的用語の裏を読み、ユーモアすら漂わせて自らの体験を記録として記す著者の強靭な意志を感じさせる歴史的一書。没後70周年記念刊行──


                      | 1/2PAGES | >>