「ぼくは なにいろの ネコ?」子ども文庫の会 発行

0

     

    「ぼくは なにいろの ネコ?」
    ロジャー・デュボアザン・さく、山本まつよ・やく、
    A4変型、32ページ、本体1300円+税
    978-4-906075-59-1
    発行:子ども文庫の会


    ロジャー・デュボアザン(1904-1980)
    スイスのジュネーブ生まれ。子ども時代はスイスとフランスで過ごし、1925年に渡米。1938年、米国民に帰化。『がちょうのペチューニア』『みんなのベロニカ』『ぼくはワニのクロッカス』などの文章も絵もかいた絵本、『しろいゆき あかるいゆき』『ごきげんならいおん』などのさし絵を描いた絵本など、手がけた子どもの本は40冊を越える。本書は、「(印刷に)使える色数が少なければ少ないほど、力を試される」と語り、原画の色分解の段階から工夫を重ねたり、コラージュなどさまざまな技術を駆使してきたデュボアザンが、七十代にさしかかって、原色がさまざまに混ざりあって世界の美しさを彩っている神秘を、とてもわかりやすく親しみを込めて、子どもに語っている。1974年にニューヨーク科学アカデミーの児童書部門賞を受賞。


    『続 石見銀山を読む −古図・日記・旧記・絵巻・石見銀− 』報光社 発行

    0

       

      『続 石見銀山を読む −古図・日記・旧記・絵巻・石見銀− 』
                      松江文庫 11 (新書版)
      著  者 :  鳥谷芳雄(とや よしお)様
      発  行 :  平成30年6月28日
      発行所 :  株式会社 報光社
      ISBN  978-4-89323-026-3

       

      【コメント】
      昨年刊行した「石見銀山を読む」の続編。
      「古絵図・古地図」、「日記・紀行文」、「銀山日記」などをテーマとした5章で構成。
      今作は、江戸時代の幕府関係者や旅行者が残した史料などをもとに書き下ろし。
      旅人がみた知られざる銀山を、その当時の人々の暮らしぶりもわかりやすくまとめたことにも注目したい。


      『たゆたえど沈まず』制作・発売 熊日出版

      0

         

        『たゆたえど沈まず』


        2018(平成30)年10月 発行
        リデルライトホーム・ピネル記念病院理事長
        小笠原嘉祐著


        仕様    判型:四六判、並製本

              頁数:256ページ

        定価    本体1,200円+税

         

        ISBN978-4-908313-38-7

        制作・発売 熊日出版

         

        熊本日日新聞「シリーズ わたしを語る」の単行本化。
        多様性と柔軟性、継続性をモットーに医療、福祉などの分野で時代や制度を先取りしてきた著者による「中間報告」ともいえる。熊日連載に加え、過去に訪れたヨーロッパ諸国の福祉事情を見聞した紀行記も収録した。
        取材にあたっては、リデルライトホームを通じて福祉へ関わっていくプロセスについて過去に書きためていた文章をふまえた回想をもとに、その課程でお世話になった人たち、出会った人たちのことも取り上げた。

         

        【著者プロフィール】

        昭和23年熊本市生まれ。熊本大学医学部卒。精神科医。臨床心理士。社会福祉法人リデルライトホーム・特定医療法人ピネル記念病院・NPO法人おーさぁ健軍くらしささえ愛工房・社会福祉法人わくわくふれあいネットワークの各理事長。全国社会福祉法人経営者協議会会長なども務める。

         


        『花畑屋敷四百年と参勤交代』熊日出版発売

        0

           

          『花畑屋敷四百年と参勤交代』

           

          【編著者】吉丸良治

          【体裁】A4判、112蓮▲ールカラー

          【定価】1944円(税込)

          【発売】熊日出版

          ISBN978-4-908313-40-0

           

          来年8月完成予定の再開発事業が進む熊本市の花畑・桜町一帯は、加藤・細川時代から四百年、熊本の中心にありました。この本では、かってここにあった花畑屋敷と参勤交代の絵図・地図を中心に構成され、四百年から千年にわたる先達が残した物語が楽しめます。


          【死の川を越えて 上巻】上毛新聞社刊

          0

             

            書籍名    死の川を越えて 上巻
            著 者    中村 紀雄
            仕 様    A5判 並製本 表紙カバー 本文316ページ 
            発行 上毛新聞社
            コード    I S B N    978-4-86352-217-6
            価 格    定価1620円(1500円+税)
            刊行日    平成30年10月12日


            [内 容]
            元県議会議長の中村紀雄氏が、平成28年12月から30年3月まで上毛新聞紙上で115回にわたり連載された小説を上下巻で発行。上巻は、大正から昭和初期にかけて、草津温泉湯の川集落でのハンセン病患者の人間ドラマを克明に描写。死の川に追いやられた患者同士の結婚、出産、そして出征。戦地で同病の朝鮮人に救われた命の恩返しとして、関東大震災後に起こった朝鮮人虐待を県議会で問題提起。差別と偏見は無知と誤解から生まれることを強く訴えている。


            【死の川を越えて 下巻】上毛新聞社刊

            0

               

              書籍名    死の川を越えて 下巻
              著 者    中村 紀雄
              仕 様    A5判 並製本 表紙カバー 本文286ページ 
              発行 上毛新聞社
              コード    I S B N    978-4-86352-218-3
              価 格    定価1620円(1500円+税)
              刊行日    平成30年10月12日


              [内 容]
              元県議会議長の中村紀雄氏が、平成28年12月から30年3月まで上毛新聞紙上で115回にわたり連載された小説を上下巻で発行。下巻では、戦後公布された日本国憲法に基本的人権の尊重が高く掲げられているが、ハンセン病に対する差別と偏見は依然として存在していた。現状を打破するため国を相手に訴訟をおこし法廷での闘いとなった。


              【ア・フィストフル・オブ・カンフー日本語版 香港電影大戦 香港映画ミニチュアゲーム・ルール】合同会社ニューゲームズオーダー刊

              0

                 

                書名:ア・フィストフル・オブ・カンフー日本語版 香港電影大戦 香港映画ミニチュアゲーム・ルール

                出版社名:合同会社ニューゲームズオーダー

                 

                著者:Andrea Sfiligoi(アンドレア・スフィリゴイ)
                翻訳:白石 瑞穂

                税抜き定価:3000円
                税込み定価:3240円

                 

                分野:ゲーム関連書籍
                版型:A4変形ソフトカバー
                印刷:カラー
                ページ数:68ぺージ

                 

                発行年月日:2018年10月9日

                発売予定日:2018年10月30日

                出版社所在都道府県名:東京都

                ISBNコード(ISBN13):978-4-908124-27-3

                 

                目次:
                イントロダクション
                このゲームについて
                ゲームに必要なもの
                ミニチュアとベース
                ゲームのプレイ時間とスケール
                主役とエキストラ
                【氣】レベル

                 

                ゲームのはじめ方
                キャスティング……キャラクターの選択攻撃側と防御側の決定
                シナリオと追加要素
                イニシアチブ判定

                 

                アクティベーション
                リアクション
                ターンオーバー
                アクション
                フリーアクション

                 

                移動
                悪地
                移動中の方向転換
                味方を通り抜けての移動
                ランダム移動

                 

                近接戦闘
                近接攻撃の行い方
                近接戦闘の処理
                接近戦からの離脱

                 

                銃夫
                視線
                射程
                対象の優先順位
                射撃と近接戦闘
                射撃攻撃を行う
                射撃攻撃の解決

                 

                【氣】の使用
                鼓舞

                士気

                ゲームの終わり

                 

                特徴

                 

                スタント
                ジャンプと【氣】ジャンプ
                壁歩きとバク転
                壁跳び
                手すりを滑り降りる
                振り子運動
                高所からの攻撃
                飛び降りと落下ダメージ
                物体の破壊

                道教の法術


                道術
                術比べ

                サンプルキャラクター・プロフィール


                警官
                武術家
                ニンジャ
                三合会と堂
                ヤクザ
                超自然的存在
                サイボーグやハイテクキャラクター
                動物

                 

                シナリオ
                プロット
                ロケーション
                追加要素

                 

                付録1:3人以上でのゲーム

                付録2:ギャングの結成
                特徴コスト表

                早見表

                 

                内容紹介:
                『ア・フィストフル・オブ・カンフー』は香港映画やアジア映画の激しい動作、飛び交う弾幕、魔物退治、カンフー・アクションを盛り込んだテーブルトップ・ウォーゲームだ。先進的な次世代テクノロジーと由緒ある伝統や神秘主義のあいだに引かれた危うい線上を歩いている現代社会、禁じ手なしのトーナメントで対決する武術の流派と流派、他社の機密を盗み出すためにエージェントやスパイを雇う企業、対立する三合会とヤクザの銃撃戦に対処する働き詰めのSWAT  チーム、それからキョンシー、妖術を操る魔物、サイボーグが探し求める古代の秘宝といった要素も忘れてはいない。『ハード・ボイルド新・男たちの挽歌』のガンファイト、『燃えよドラゴン』の格闘戦、『ゴーストハンターズ』の途方もない神秘的な異様さ、『グリーン・デスティニー』の武?アクション、その他の中間物も取り込んで、『ア・フィストフル・オブ・カンフー』は他に類を見ないスカーミッシュ・ウォーゲームとなっている。

                 

                ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                「セリョージャとあそぼう! ロシアのこどものあそびとうたと」カランダーシ刊

                0

                   

                  【紹介文】

                   …ぼくは、はいいろおおかみのセリョージャ。ロシアのもりでいっしょにあそぼう!…

                  赤いブーツがおしゃれな灰色おおかみのセリョージャが、小鳥のアーニャと一緒に、ロシアに古くから伝わる《わらべ歌》、《鬼ごっこゲーム》の遊び方、おやつの《パンケーキ》や、一緒に遊べる《布人形》の作り方も教えてくれます。またロシアの子どもにとってはとても身近な《詩の世界》を紹介してくれます。《わらべ歌》は楽譜付きです。子どもから大人まで、どなたでも絵本を見ながら楽しめるものばかりです

                   絵/デザインは東京在住のロシア・モスクワ出身のアーティスト、ナディア・コズリナ。現代的なセンスで、懐かしさだけではないロシアの子どもの遊びの世界を表現。描かれている草花たちはロシアの野に実際に咲く花がモデルです。文/訳は、同じくナディア・コズリナとまきのはらようこ。

                   ご家庭で楽しんだり、お楽しみ会や小学校の体験学習のプログラムにもおすすめです。

                   

                  ・書名:「セリョージャとあそぼう! ロシアのこどものあそびとうたと」
                  ・出版社:カランダーシ
                  ・本体:1400円(税別)       
                  ・発行:2018年11月初旬予定    
                  ・体裁:ハードカバー(カバー付き)     
                  ・大きさ:176×250
                  ・ISBN:978-4-9907032-2-6 C8798
                  ・頁数:20ページ


                  【東京藝術大学の彫刻と深井 1951〜(2018)〜】東京藝術大学出版会刊

                  0

                     

                    〈書名〉
                    東京藝術大学の彫刻と深井 1951〜(2018)〜

                    〈出版社名〉
                    東京藝術大学出版会

                    〈著者名〉
                    深井
                    Dの3行目
                    (共著)

                    〈本体価格〉
                    3,500円

                    〈税込価格〉
                    3,780円

                    〈頁数〉
                    630

                    〈発行年月日〉
                    2018年10月27日

                    〈出版社所在都道府県名〉
                    東京都

                    〈ISBNコード〉
                    ISBN978-4-904049-59-4 C 1071

                     

                    〈紹介文〉
                    はたして1970年代後半以降の日本における〈彫刻〉・〈美術〉とはなんであったのか、そして今それは何であるのか。
                    本書は彫刻家深井呂了訶世鯆未靴1970年代後半から現在までの東京藝術大学の〈彫刻〉・日本の〈彫刻〉・日本の現在の〈美術〉の姿を、教え子である原真一・小谷元彦などとのインタビューや豊富な資料により浮かび上がらせることで、その答えへの一つの手がかりを示そうとするものである。

                     

                    【目次】
                    第吃堯/式脣亘椰佑砲茲訖式脣呂氾豕藝術大学木彫科
                     第一章 1951-1972
                     第二章 1973-1978
                     第三章 1979-1987
                     第四章 1988-1995
                     第五章 1996-2004
                     第六章 2005-2018
                    第局堯/式脣呂虜酩淵タログ
                    第敬堯仝斥
                     第一章 深井呂慮斥
                     第二章 同時代批評
                    第孤堯/式脣牢愀舷擁事典
                    第紘堯’表
                    参考文献
                    あとがき

                     

                    〈著者について〉
                    深井 蓮覆佞い たかし)
                    【略歴】
                    1951年 群馬県高崎市に生まれる
                    1976年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
                    1978年 東京藝術大学大学員美術研究科彫刻専攻修了
                    1985年 文部省在外研究員として英国・ロンドンに9ヶ月滞在(王立美術学院RCA)
                    1989年 第14回平櫛田中賞受賞
                    1994年 東京藝術大学美術学部彫刻科助教授
                    2005年 東京藝術大学美術学部彫刻科教授
                    2013年 紫綬褒章を受章


                    【パブリックコレクション】
                    東京藝術大学大学美術館、群馬県立近代美術館、栃木県立美術館、旭川市彫刻美術館、伊原田中美術館、板橋区美術館、山口県立美術館、北海道立旭川美術館、富山県立近代美術館、高崎市美術館、相生森林美術館、サントリー美術館、高松市美術館、宇部市野外彫刻美術館、埼玉県立近代美術館、東京オペラシティギャラリー 他


                    【出版物】
                    『13月の青空アルバートストリート93番地』新潮社(1995)
                    『深井郎酩塀検粛咾亮蝓愁ロニクル』(2009)

                    Dの3行目(でぃーのさんぎょうめ)
                    2012年、名嘉雄樹、山泰行ら東京藝術大学学生により活動開始し、作品制作、企画、運営等を行う。2015年、合同会社Dの3行目設立。主な活動に『図録・批評誌 symposium』の刊行(2012年〜)、5年プロジェクト「神田ラ淀屋橋」をアトリエヒロ(淀屋橋)と共催(2018年〜)、満留伸一郎(ドイツ文学)、末木孝典(近代日本政治史)等による講座、〈プロセス解明講座〉(2016年〜)などがある。

                     

                    ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。

                     


                    【スポーツで街作りのショーケース】上毛新聞社 刊

                    0

                       

                      書籍名    スポーツで街作りのショーケース
                      著 者    平方 亨
                      仕 様    A5判・並製本・177ページ
                      コード    I S B N    978-4-86352-216-9  C0095
                      価 格    定価1296円(本体価格1200円+税)
                      刊行日    2018年 10月 10日
                      発 行 上毛新聞社


                      [内 容] 
                      東京五輪まであと2年。今、日本のスポーツを見つめ直す。著者は、群馬陸上競技協会元理事長の平方亨氏(渋川市在住)。モナコでの国際陸連事務局勤務や世界陸上運営に携わるなど国際経験豊富で、東京2016年オリンピック・パラリンピック招致委員会のスポーツディレクターとして招致ロビー活動にも携わった。平方氏は「世界一のスポーツの祭典」の光と影を肌で感じる一方で、スポーツに価値を見出し、人々の生活に溶け込んだ海外各国のスポーツ大会の現状とその素晴らしさを目の当たりにしてきた。渋川で生まれ育った生い立ちから国内外の体験談を紹介しながら、日本でもスポーツを一つのテーマとして捉えた新たな街づくりの重要性を訴える。


                      | 1/41PAGES | >>