calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

categories

archives

広告

『茨城 歴史人物小事典』(茨城新聞社刊)

0

     

    『茨城 歴史人物小事典』

     

    鎌倉時代から平成まで、それぞれの時代ごとに活躍した茨城ゆかりの歴史人物をまとめました。約500人の足跡や功績とともに、さらに詳しく知りたい人に役立つ参考文献も紹介。
    この1冊に今日の茨城につながる先人たちの確かな歩みが詰まっています。


    ※編  者    茨城新聞社編
    ※仕様体裁    四六判 並製、336ページ
    ※定価      1296円(本体価格1200円+消費税8%)
    ※ISBNコード 978−4−87273−456−0
    ※分類コード   C 0521
    ※発売日     平成29年3月中旬 
    ※発行      茨城新聞社


    『いばらきBOOKS15雪村(せっそん) 謎の生涯を追う』(茨城新聞社刊)

    0

       

      『いばらきBOOKS15雪村(せっそん) 謎の生涯を追う』

       

       茨城県が生んだ水墨画の巨匠、雪村は「西の雪舟、東の雪村」と並び称されてきました。国指定重要文化財9点というのは、茨城県出身の芸術家では並ぶ者がいない多さであるにも関わらず、あまり県民に知られていません。
       本書は、その生涯を多面的に取材し、雪村が生きた時代背景にも触れました。郷土の偉大な芸術家・雪村を知る格好の入門書となっています。

       

      ※著  者    冨山 章一
      ※仕様体裁    四六判変型 並製、154ページ
      ※定価      864円(本体価格800円+消費税8%)
      ※ISBNコード 978−4−87273−455−3
      ※分類コード   C 0321
      ※発売日     平成29年3月中旬 
      ※発行      茨城新聞社


      『いばらきセレクション125』(茨城新聞社刊)

      0

         

        『いばらきセレクション125』

        「いばらきセレクション」は、茨城新聞社が2016年に創刊125周年を迎えたことを記念して実施しました。
        投票総数は16万を超え、その中から「茨城の誇り」125項目を選定し、そのすべてを1冊にまとめて紹介しております。


        ※編  者    茨城新聞社編
        ※仕様体裁    A5判 並製、148ページ
        ※定価      1080円(本体価格1000円+消費税8%)
        ※ISBNコード 978−4−87273−454−6
        ※分類コード   C 0060
        ※発売日     平成29年3月中旬 
        ※発行      茨城新聞社


        NAGI 68号(月兎舎刊)

        0

           

          NAGI-68

           

          特集
          知の探検に出かけよう『博物館で見る夢』

           

          博物館の価値はハコの大きさではない。
          大切なのは、そこにしか無いものが知的好奇心をくすぐるか
          館長の情熱が見る者に伝わってくるか
          その空間をたゆとうひと時、夢心地になれるか否か。
          渾身のコレクション、母なる海と人間の関わり
          千年を越える神宮の営み、明治の名建築の息吹。
          独自のテーマで大人を楽しませてくれる博物館を紹介する。
          さあ、知の冒険へ。

           

          ●渾身のコレクション
           マコンデ美術館 伊勢市
           万協フィギュア博物館 多気町
           BANKO archive design museum 四日市市
           川原の一本松 四日市市 
           坂井田・世界凧博物館 津市
          ●海と人の関わりを知る
           真珠博物館 鳥羽市
           マリンギャラリー 鳥羽市
           海の博物館 鳥羽市
          ●式年遷宮が伝える工芸魂
           せんぐう館 伊勢市
           神宮徴古館・農業館 伊勢市 
          ●明治建築と会う  
           博物館明治村 愛知県犬山市


          <連載/シリーズ>
          東京で三重の食を発信 割烹店主・田中佑樹 
          アイヌを守らねば/山本命 
          パンダだからしょうがない/osatto 
          母性愛の強い爬虫類 ミシシッピーワニ/若井嘉人 
          局ヶ岳 /森武史 
          写真家 南川三治郎/林裕己 
          土間を挟んで二世帯が水平対向する平屋 
          ちゃぶ台から生まれる和 
          伊賀鉄道に木育トレイン登場/非常時持出米 
          大久保雨咲『ドアのノブさん』/古民家ゆう庵/ちきゅう食
          産後ドゥーラ/風車/上野屋こんにゃく/DOMINGO
          おんりぃ福/うみやまあひだミュゼ
          こだわりのトマトとメロン作り谷口/アトリエジータ
          料理人も通う魚介類ピカイチの店「いやさか」
          船越牡蠣を食べに/建築文化講演会/雪の綿向山/浜松の名店 
          鎖国の時代?/波風立流 
          原発推進の町・紀勢町の物語/柴原洋一  
          備中松山城/土面彰史 


          http://www.i-nagi.com


          [書名] NAGI 68号
          [出版社名]月兎舎
          [本体価格]648円+税
          [判型]B5判 104頁
          [発行年月日]2017年3月1日
          [出版社所在都道府県名]三重県
          [JANコード]4910 87609 6877
          [ISBN]


          写真集 出雲国風土記紀行(山陰中央新報社発売)

          0

             

            弊社出版部は島根県古代文化センター編『写真集 出雲国風土記紀行』
            (島根県教育委員会発行)を3月上旬に販売いたします。
            内容は約1300年前に編纂命令が出され、全国に唯一完本として残る地誌「出
            雲国風土記』に登場する場所を、写真をメインに風土記本文や解説文,撮影地点
            マップを添えて紹介しています。
            「国引き神話の世界」「神話と伝承」「出雲の原風景」「出雲びとの営み」の4
            章構成で46カ所を取り上げ、いにしえからの豊かな景観と出雲のもつ魅力を伝
            えます。

                     記

            書 名: 写真集 出雲国風土記紀行(山陰中央新報社発売)
            編 者:島根県古代文化センター
            発 行:島根県教育委員会
            仕 様:A4判、98ページ、オールカラー、ソフトカバー糸綴じ製本
            定 価:1,620円(本体1,500円+税)
            ISBNコード:978−4−87903−204−1


            「『心の辞書』みたいな本 神 人 縁-かみ ひと えん- 」(ポエムピース刊)

            0

               

              〈書名〉「心の辞書」みたいな本 神 人 縁-かみ ひと えん-

              〈出版社名〉ポエムピース

              〈著者名〉彩木智都世

              〈本体価格〉2800円

              〈税込価格〉3024円

              〈ページ数〉160ページ

              〈発行年月日〉2017年3月9日

              〈出版社所在都道府県名〉東京都

              〈ISBNコード〉978-4-908827-22-8 C0011

              〈紹介文〉


              「すごい本」ができました
              「誰もがみんな、既に持っている力」
              【引き寄せを超えていく】ことが解る‥

               

              みんな、もっと、「幸せ」を感じていける


              天からの贈り物を感じる
              ギフト=与えられる恩恵
              ギフトのような本

               

              内なる神と人を繋げる本
              そのご縁を広げていく本
              才能を活かせるヒント本

               

              象徴セルフセラピーの本
              唯一無二のあなたの為の本

               

              「直感」と「感受性」を鍛える本
              「純粋な創造性」が閃きます。
              「しあわせ感度」が上がります。

               

              〜貴方の大切な人にプレゼントしてみてください〜

               

              2冊組(本+結カード36枚)
              透明ケース入り
              A6変形 上製本
              オールカラー 160ページ


              <著者について>
              彩木智都世 ( サイキチトセ ) 略歴彩り(いろどり)+生命の木(せいめいのき)+智慧(ちえ)+都(みやこ)+世界(せかい)
              office.One.Five.Many・代表 / 象徴セラピー協会・代表
              直感クリエイター(デザイン、イラスト、アート、オブジェ)
              開運シンボルロゴデザインandキャラクターデザイン(アイデンティティ・デザイン)
              ヒーリング・アーティスト/ハート・アート・リーディング&カウンセリング
              各種カード・リーディング&ヒーリング(オリジナルタロット、ルーン、マナ、クリスタル、禅、神様 etc.)
              「ザ・メタ・シークレット」【7つの法則】カード・デザイナー&公認シニアカードリーダー
              エネルギー職人(エネルギーワーク職人)
              「パワー(アップ)ストーン・ブレスレット&リング」デザイン+職人
              あなたのいいね! コンシェルジュ(魅力・才能の開花&活性化に導く)

               

              有名企業に関わるロゴやキャラクターデザイン、イラスト、広告宣伝など、想いを込めた【シンボル】を創り、エネルギーワークも活用して、あらゆることを【右肩上がり】にしている。

               

              ★書店さま向け注文書(チラシ)が、コチラにございますのでご利用ください。


              【山と河が僕の仕事場2 みんなを笑顔にする仕事】(フライの雑誌社刊)

              0


                狩りと釣りで5年暮らした。
                新しい職業猟師のかたちが見えてきた。

                山と河の恵みで暮らす人生は、
                毎日が挑戦の連続だ。

                川崎生まれの都会っ子が宮崎県高原町へIターン移住。
                鳥獣被害対策で奔走し、獲物を毛鉤にする。
                話題の『山と河が僕の仕事場』、大注目の続篇!


                僕は職業猟師で、西洋毛鉤釣り(フライフィッシング)職人だ。
                僕にしかできない仕事で、みんなが笑顔になってくれる。
                それはお金では得られない幸せの繋がりだ。
                頼りにされるって、不思議な気持ちだ。(本文より)


                驚きと喜び、涙と笑いに満ちた21世紀の「釣りと狩りの暮らし」を
                底抜けに明るい筆致で綴ります。
                続篇はさらにパワーアップ!  大興奮の新展開です。

                美しいグラビア、かんたんで美味しい猟師料理、
                面白くて役に立つ山と河のコラムも満載!


                【山と河が僕の仕事場2 みんなを笑顔にする仕事】

                職業猟師+西洋毛鉤釣り職人
                牧 浩之 =著

                発行:フライの雑誌社
                A5判 192頁(内、カラーグラビア16ページ)
                本体価格1,600円+税 
                ISBN 978-4-939003-69-1

                 

                牧浩之(まきひろゆき)
                1977年川崎市生まれ。2011年 宮崎県高原町へ移住。
                わな猟と銃猟で鳥獣を捕獲し、毛鉤の材料に加工する、
                職業猟師+毛鉤釣り職人。高原町鳥獣被害対策員。ヘビメタ猟師。

                 

                ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                「うまれるまえのおはなし」(ポエムピース刊)

                0

                   

                  〈書名〉うまれるまえのおはなし
                  〈出版社名〉ポエムピース
                  〈著者名〉ひだのかな代
                  〈本体価格〉1400円 
                  〈税込価格〉1512円 
                  〈ページ数〉24ページ 
                  〈発行年月日〉2017年3月14日 
                  〈出版社所在都道府県名〉東京都 
                  〈ISBNコード〉978-4-908827-19-8 C8790 
                  〈紹介文〉

                   

                  わたし、ママを選んで生まれてきたの プレゼントを抱えて・・・
                  胎内記憶って、知ってますか? 

                   

                  これは“生まれる前の世界"を忘れずにいた 女の子から聞いたお話です ・・・・・・・・・・ 
                  「多くの子どもたちから私も実際に聞きました。 子どもが覚えている“生まれる前の世界"のお話です」
                  池川 明 (池川クリニック院長・帯文より)

                   

                  赤ちゃんは生まれてくるとき、 どのママの子どもになろうか、選んでいます。
                  そして、どんなプレゼントを抱えて生まれてくるかも 自分で決めています。
                  この絵本は、誰もが経験しているのに忘れてしまう “生まれる前の世界"のことを、忘れないでいた女の子が 話してくれたお話です。

                   

                  え と ぶん ひだのかな代 
                  原作協力 ふぅちゃん 
                  協 力 池川明(池川クリニック院長)  一般社団法人 日本たいわ学協会 inochi lab 
                  編 集 古川奈央 
                  装 幀 堀川さゆり 
                  発行人 松義行 
                  発 行 ポエムピース

                   

                   <著者について>

                  ひだのかな代 
                  札幌市在住の絵本作家、イラストレーター。 自他共に認める動物好きで、代表作は絵本『ねこがさかなをすきになったわけ』(新風舎)、『にこにこぎゅっ』『オビとタネ』(いずれも中西出版)、紙芝居『おさるさん』(童心社)など。 けんぶち絵本の里大賞びばからす賞を2度受賞するなど受賞歴多数。全道各地で講演をおこない、AIR-G' FM北海道「にこにこぎゅっ」パーソナリティとしても活躍中。
                   本作は、ふぅちゃんから実際に話を聞き制作し、胎内記憶に関する講演などで映像として流していたものを、各方面からの熱い要望に応えて絵本化した。

                   

                  ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


                  【島原方言語り】【島原方言語り拾遺】 銀山書房(かぼちゃ堂内)刊

                  0

                     

                     

                    【島原方言語り】【島原方言語り拾遺】

                     

                    長崎県島原市で、昭和21(1946)年に生まれた著者は方言を用いた最後の世代ではないかと認識し、方言語りを刊行した。通常の方言集のように方言語彙を収集するのではなく、ある方言が周辺地域とどう関連するのか、ひいては日本語の中でどのような位置にあるのか、方言語彙や使い方のなかに隠れひそんだものを明らかにしようとして、この2書「島原方言語り」「島原方言語り拾遺」を出した。そのため、各地の方言辞典、戦国期にまとめられた日葡辞書、紀行文や小説などの文学作品、ひいては漫画や映画・音楽などを引きながら文章がつづられています。当然ながら、九州島のへそとでもいうべき島原半島の歴史や風土も豊かに盛り込んだものとなっていて、また人々や地域のつながりが強かった戦後昭和の時代や生活をあざやかに映し出しています。

                     

                    「島原方言語り」では方言の中で、遊びや生活・時代をあらわす語彙や用法をえらびだし、その生い立ちやひそんだものを追っています。今回銀山書房版として装いをあたらにしました。A5判、267頁、定価1000円。

                     

                    「島原方言語り拾遺」は前著の加筆補筆のものです。今回とくに文法的なくわしい位置づけもなされていて、斬新と思われます。A5判、193頁、定価1500円。

                     

                    ○近日発行予定
                    ○著者   著者吉田正久は島原市居住。もと高校教師。
                    ○発行所  銀山書房(かぼちゃ堂内)〒811-1122 福岡市早良区早良4-25-14
                    「島原方言語り」978-4-9904890-2-1 本体価格926円
                    「島原方言語り拾遺」978-4-9904890-1-4 本体価格1389円

                     


                    「英会話イメージトレース体得法」(英会話エクスプレス出版刊)

                    0

                       

                      書名:英会話イメージトレース体得法
                      副題:英文の詰まりをスッキリ解消!イメージをなぞって身につける英語発想
                      出版社名:英会話エクスプレス出版
                      著者名:遠藤雅義
                      本体価格:1500円
                      税込価格:1620円
                      頁数:214
                      発行年月日:2017年2月13日
                      出版社所在都道府県名:徳島県
                      ISBNコード:978-4-9907223-1-9
                      紹介文:

                       

                      本書は「英語を話そうとしても出てこない!」という方に向けて書かれた本です。

                       

                      英語が話せるようになるための方法論は巷にたくさんあふれています。「英作文の瞬発力をあげよう!」「英単語の語彙力を増やそう!」「英会話のための英文法を身につけよう!」「音読で英語の基礎をつくろう!」…etc.

                       

                      しかし、もっと根本的なレベルで欠けているものがあったのです。それは日本語と英語における【発想の違い】を理解することです。

                       

                      この発想の違いを理解していないと、英文をつくろうとしたときに無意識のうちに日本語的なモノの見方が入りこんでしまいます。ここで日本語と英語のモノの見方が似ていればよかったのですが、残念ながら両者はまったく異なっているのです。

                       

                      その結果、いくら頑張っても日本語的なモノの見方が邪魔をしてしまい、英語が詰まって出てこないという事態に陥っていたのです。

                       

                      本書は日本語と英語でどのようにモノの見方が違うのかを解説したものです。気楽に読めるように、日米における「ゲーム観」や「告白事情」など文化的な違いがどのように言語的な特徴と関係しているかなどをトピックとして取り上げています。

                       

                      また実際に日本語脳から英語脳へ変えるための変換方法も紹介しています。変換の最終ステップ「イメージトレース」では、英語の世界観に従った順にイメージをなぞることで、英語的な発想を直接つかめるようになっています。

                       

                      ぜひ本書で英語の詰まりをスッキリ解消して頂ければと思います。

                       

                      ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。

                       


                      | 1/28PAGES | >>