calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

広告

『アイルランドの怖ろしい女たち 時代への挑戦者』アイルランドフューシャ奈良書店刊

0

     

    『アイルランドの怖ろしい女たち 時代への挑戦者』

     

    アイルランドの類まれな女傑たち!
    表紙を飾る紫色の 花スカビオサ の花言葉は 「私はすべてを失った」。 ヨーロッパで紫色は 「 悲しみの色 」 だという。
    この物語に登場する5人の女たちは、伝説の中でも歴史上でも、人知の及ばない怖ろしい世界から 、悲しみを纏って私たちの前に登場する。

     

    <第1話>
    オブライエン一族の守護神である女王イーヴァルの伝説。イーヴァルは死を予告するバンシー(妖精)である。ブライアン・ボルーはクロンターフの負け戦を予言されるも、進軍をつづける。イーヴァルの忠告に従わないものは、…… 。

     

    <第2話>
    歴史上の女傑、赤毛のモーィラ・ルア。イギリスの支配下にあった時代に、領地を守るために「自ら」を武器に数々の画策、悪行を重ねる。ついに後家の呪いによって迎えたその最後とは……?

     

    <第3話>
    今や、観光スポット、ショッピングモールとなったロスコモン刑務所。ここには、「ロスコモンの 女死刑執行人」として名前を轟かせたレディ・ベティの存在があった。彼女のおかげで犯罪率が下がったとも言われるほどの冷酷無比な執行人になったベティには、思わぬ辛い過去があった。それは……?

     

    <第4話>
    夜な夜な通行人の血を求めるバールナの怨霊となったメアリー・ヒョックネシー。彼女の魂が救われるときはやってくるのだろうか。彼女の犯した罪とは? そして最後にメアリーが受けた罰とは……?

     

    <第5話>
    妖精と暮らしてきたアイルランド人の歴史の中で、イギリス統治下において唯一の魔女裁判に掛けられたアリス・キツラー。彼女は本当に魔女だったのか? キルケニーにあるアリスの家は、キツラーズ・インとして、観光客の人気を集めている。

     

    著名なストーリーテラーであるエディ・レニハンが、アイルランドの遺産として忘れてはならない5人の女性たちを取り上げ、アイルランドの香りいっぱいの歴史ストーリーとして語ってくれる。


    タイトル:『アイルランドの怖ろしい女たち 時代への挑戦者』

    著者:エディ・レニハン

    翻訳:奈良アイルランド語研究会・フューシャ(荒木孝子、神村朋佳、河村慶、竹本万里子、田中梢、福本洋、増田弘果)

    装幀、挿画、本文挿絵:いさかけいこ

    発行:アイルランドフューシャ奈良書店

    ISBN978-4-9906796-6-8

    2019年8月刊行予定

    A5 約200ページ 縦書き
    本体価格:1800円


    【いわての渓流・川釣り 令和版】岩手日報社社刊

    0

       

      岩手日報社では「いわての渓流・川釣り 令和版」(本体1,800円+税)を出版、7月下旬に発行します。

       

      岩手の釣りを代表する24河川・4湖沼を収録した初心者にも分かりやすいガイド本です。巻末のデータファイル、マップ情報を一部リニューアル。絶好の釣りポイントを紹介するガイドマップのほか、遊漁券販売所や種アユ販売所といった釣りに役立つデータも盛り込みました。

       

      「いわての渓流・川釣り 令和版」

      □体裁 A5判 216ページ

      □定価 本体1,800円+税

      ISBN 978-4-87201-534-8

      □発行 7月下旬

       

      ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


      【エッセイ 障害者のひとり暮らし 杙案月少女革命刊

      0

         

        〈書名〉エッセイ 障害者のひとり暮らし
        〈出版社名〉三日月少女革命
        〈著者名〉ミカヅキカゲリ
        〈本体価格〉700円
        〈税込価格〉756円
        〈ページ数〉52ページ
        〈発行年月〉2019年8月
        〈出版社所在都道府県名〉福岡県
        〈ISBNコード〉978-4-909036-01-8 C 0095

         

        〈紹介文〉
        ミニエッセイ集『障害者のひとり暮らし1』

         

        ミカヅキカゲリ 著 † 三日月少女革命 † 発行
        B6 52p (エッセイ)

         

        目次
        0 1  わたしは障害者 ! ?     4
        0 2 七夕の奇蹟からのひとり暮らし  1 0
        0 3  介助者ってこんなひと ! ?   1 5
        0 4  わがままのススメ     4 0
        やさぐれまき子の介護日誌   4 3
        やさぐれまき子の介護日誌   4 3
        0 5 やさしくされているのだから   申し訳ないと思うべき   4 4

         

        赤い車椅子がトレードマークのミカヅキカゲリによる障害者のひとり暮らしに関するミニエッセイ集。

         

        他、介助者(ヘルパー)目線のやさぐれまき子の介護日誌1 2も特別収録。 

         

        印刷・製本/プリントパック

         

        〈出版社からのコメント〉

        障害者のひとり暮らしってどんなかんじ?

        車椅子でひとり暮らしを送るミカヅキカゲリが
        介助者(ヘルパー)との暮らしのあれこれを
        綴った自身初のミニエッセイ集。

         

        ■■■ † 三日月少女革命 †のススメ ■■■ 

         

        † 三日月少女革命 †とは、赤い電動車椅子と長い黒髪がトレードマークのミカヅキカゲリがひとりきりで運営するちいさな出版社です。
        車椅子だからこそ、視える景色をお届けすることによって、自己実現だけでなく、よりやさしい、より成熟した世界を目指す、しずかな革命を志向します。

         

        何か、善きもの、美しいもの、たったひとつの真実を掴みたいと思っています。

         

        ちいさな出版社*† 三日月少女革命 †
        http://3kaduki.link/

         

        <著者について>

         

        ミカヅキカゲリ

        11.01.生まれ。
        北九州市出身。筑波大学で、心理学、心身障害学などを学ぶ。

        大学在学中から舞台に立ちはじめ、卒業後は舞台女優に。その傍ら、声優や歌うたいとしても細々と活動。しかし実は作家志望との矛盾を抱えていた。

         

        一方で中学生の頃より、〈存在の不安〉としか形容できぬ漠とした悩みに苦しみ、ついには耐えきれず2006年末に自殺未遂。後遺症のため、四肢麻痺になり、以降車椅子生活。赤い電動車椅子と長い黒髪がトレードマーク。

        ちいさな頃より好きだった詩作を本格的にはじめたのも大学在学中から。小説は車椅子になってから。

         

        2018.11.01.第一詩集『水鏡』刊行。

         

        最近、ひとりきりでちいさな出版社 † 三日月少女革命 †を設立。
        2019.04.17. ミカヅキカゲリ作品集I〜III、刊行。

         

        秋には、第二詩集『立脚点』刊行予定。


        【東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第十二期生修了作品集2018】東京藝術大学出版会刊

        0


          〈書名〉
          東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第十二期生修了作品集2018

           

          〈出版社名〉
          東京藝術大学出版会

           

          〈著者名〉
          東京藝術大学大学院映像研究科

           

          〈本体価格〉
          2800円

          〈税込価格〉
          3024円

           

          〈頁数〉
          DVD4枚 270分

           

          〈発行年月日〉
          2019年7月


          〈ISBNコード〉
          978-4-904049-61-7

           

          〈紹介文〉
          東京藝術大学映像研究科第十二期生の修了作品4篇を収録したDVD。
          監督・製作・脚本・撮影照明・美術・サウンドデザイン、編集、それぞれの領域の学生が、集大成として取り組んだ修了制作の努力と成果を本作品にて是非ご覧下さい。

           

          収録作品
          「向こうの家」監督:西川達郎 84分
          「森のかたみ」監督:大杉拓真 67分
          「小さな声で囁いて」監督:山本 英 110分
          「からっぽの横」監督:川上知来 104分

           

          ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


          【2019世代いわて高校野球ファイル】岩手日報社刊

          0

             

            新刊「2019世代いわて高校野球ファイル」のご案内

             

             時下、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
            弊社では「2019世代いわて高校野球ファイル」(本体1,300円+税)を出版、8月上旬に発行します。
            2018年秋の新チーム発足以降の全公式戦結果を収録。秋の地区予選から、センバツ、春の大会、夏の岩手大会までの歩みをまとめます。平成の県勢の甲子園での全試合を振り返る特集や、県高野連加盟校の硬式野球部全部員名簿(マネジャー含む)も加えた内容。選手や家族、高校野球ファンの記念となる1冊です。
            よろしくお願いいたします。

             

            「2019世代いわて高校野球ファイル」岩手日報社刊
            □体裁 A4判カラー100ページ(予定)
            □定価 本体1,300円+税
            □ISBN978-4-87201-832-5
            □発行 8月上旬

             

            ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


            【植物界】ポエムピース刊

            0

               


              〈書名〉植物界
              〈出版社名〉ポエムピース株式会社
              〈著者名〉草成
              〈本体価格〉1800円
              〈税込価格〉1944円
              〈ページ数〉40ページ
              〈発行年月日〉2019/7/12発行
              〈出版社所在都道府県名〉東京都
              〈ISBNコード〉978-4-908827-55-6 C0793


              〈紹介文〉
              スプリングインク主催/絵本出版.com
              第2回絵本出版賞 最優秀賞受賞作品

               

              ”生きるのってしんどいなぁ”
              あなたも、そんなふうに感じていませんか?

               

              「もっとシンプルで、きれいなものになりたい」
              『植物界』は、そんな憧れと願いを込めた作品

               

              冷蔵庫の扉の向こうで待っていたのは……。

               

              この本が
              あなたの辛いときに寄り添う
              ただ静かに頷き返す
              そんな存在になればいいなと
              思っています

               

              四六判 40ページ 上製本

              製版/株式会社サンエムカラー 神木利夫 木村 浩
              印刷・製本/株式会社上野印刷所

               

              出版社からのコメント
              言葉に傷ついたり、感情に翻弄されたり…。
              生きることに少し疲れたら、静かにこの本を開いてもらいたい。
              じっくり味わえる大人のための絵本です。
              スミ+銀のダブルトーン印刷で美しく仕上がりました。

               

              <著者について>
              草成 Kusanari

              島根県生まれ。山の麓で木々に囲まれ育つ。
              イラストレーターとして活動。
              美しく独特な世界観によって読者を引き込む。
              本作品はスプリングインク主催「第2回絵本出版賞」で最優秀賞を受賞。

               

              ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


              【小鳥たち】ステュディオ・パラボリカ刊

              0

                 

                書名:小鳥たち

                出版社名:ステュディオ・パラボリカ

                 

                山尾悠子 文
                中川多理 人形・写真

                装幀/ミルキィ・イソベ

                本体価格:2,200円+税
                ISBN978-4-902916-41-6 C0093
                発売日:2019年7月29日
                四六判/104ページ/上製/カラー

                 

                降りそそぐ小花、
                時空はゆらぎ、
                小鳥の侍女たちが行き交う庭園と城館。
                そこは迷宮?

                 

                第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!!
                あらたな領域に踏み入る記念碑的小説。小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚。

                 

                +++

                 

                ★物語と人形たち
                まず山尾悠子による「小鳥たち」という掌篇が書かれ、登場する小鳥たちを人形作家の中川多理が創作した。その人形作品を踏まえて『夜想#中川多理―物語の中の少女』に続編「小鳥たち、その春の廃園の」が書かれ、再び呼応して新たな人形が作られた。
                それを受けて、最終章「小鳥の葬送」が書き下ろされ、ついに中川多理の手から大公妃が産み出された。

                 

                ★摩訶不思議な幻想小説の奇蹟の成立
                山尾悠子の幻想譚は、場面が揺らぐように紡がれていき、確かにそこに伽藍はあるのだけれどもこちらの認識が朧になるという快楽性をもっている。構造はあるが、揺らいでグラデーションでずれていく。その揺らぎに現実の人形が参加しているのだ。

                母、娘、そして侍女……幻想の物語、幻想の人形そして幻想の本として収斂する『小鳥たち』。

                 

                +++

                 

                【作家プロフィール】

                ◆山尾悠子 Yamao Yuko
                一九五五年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒業。七五年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』『角砂糖の日』(歌集)など。『飛ぶ孔雀』で、二〇一八年、第46回泉鏡花文学賞、二〇一九年、第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第39回日本SF大賞受賞。

                 

                ◆中川多理 Nakagawa Tari
                埼玉県岩槻市出身。筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業。DOLL SPACE PYGMALIONにて吉田良氏に師事。二〇〇九年より個展多数。札幌市で人形教室を主宰。主な作品集に『イヴの肋骨』、『夜想#中川多理―物語の中の少女』(ステュディオ・パラボリカ)。


                『日本三大船神事令和元年(2019)ホーランエンヤ感動記録写真集』山陰中央新報社刊

                0

                   

                  今年5月、10年ぶりに松江市内で開催された城山稲荷神社式年神幸祭「ホーランエンヤ」祭典の様子を写真集として5月中旬に発行いたします。
                  水の都・松江で華麗な水上絵巻が繰り広げられ、大勢の観衆が魅了された、渡御祭(5月18日)・中日祭(同22日)・還御祭(同26日)を中心に弊社カメラマン・記者が撮影した写真をふんだんに掲載し、感動と興奮を再現。ホーランエンヤの歴史や祭典を支える人々にスポットを当てた記事も紹介しています。
                  お取扱いのご検討をお願いいたします。

                   

                   

                  書 名:『日本三大船神事令和元年(2019)ホーランエンヤ感動記録写真集』
                  発 行:山陰中央新報社
                  体 裁:A4判、98ページ、オールカラー。
                  内 容:佐野史郎さん巻頭エッセー
                      渡御祭、中日祭、還御祭の記録写真
                      ホーランエンヤの歴史
                      五大地と三大船神事の解説
                      支える人々
                  定 価:1,300円+税
                  発 行:7月12日予定
                  その他:ISBNコード  978-4-87903-231-7


                  【私説・古代出雲 「カミの支配」から「人の支配」へ】山陰中央新報社刊

                  0

                     

                    荒神谷遺跡ボランティアをする傍ら、考古学や宗教学、民俗学などの文献を読み、荒神谷遺跡や志谷奥遺跡、田和山遺跡、友田遺跡、加茂岩倉遺跡など各遺跡の性格、位置付けについて独自の見解を展開しています。

                     

                     

                    書 名:『私説・古代出雲 「カミの支配」から「人の支配」へ』
                    著 者:原 一征
                    販 売:山陰中央新報社
                    仕 様:A5判、212ページ、並製本
                    発行日:2019年7月1日
                    定 価:本体価格1,800円+税
                    ISBNコード:  978-4-87903-230-0


                    【茨城 平成時代年表】茨城新聞社刊

                    0

                       

                      『茨城 平成時代年表』
                      茨城県近現代史研究会 編

                       

                      平成から令和に元号が改められ、新たな時代がスタート。30年余り続いた平成の出来事が一目で分かるよう、年表形式にまとめました。政治・経済、社会・文化、スポーツまで、県内と国内外を比較しながら、茨城の平成を振り返るときに役立つ1冊です。

                       

                      ※発  売  茨城新聞社
                      ※仕様体裁  A5判 並製、146ページ
                      ※定  価  本体価格1000円+消費税
                      ※ISBNコード 978−4−87273−461−4
                      ※分類コード C 0021
                      ※発売日 令和1年5月


                      | 1/50PAGES | >>