calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

広告

『山ニ行ッテ居リマス OB記者の山案内』熊本日日新聞社刊

0

     

    『山ニ行ッテ居リマス OB記者の山案内』

    著者:新美 健(元熊本日日新聞記者)

     

    【著者プロフィール】 にいみ・たけし

    ?1954年、熊本市生まれ。小学生時は長野市、仙台市などで過ごす。早稲田大学法学部卒。在学中に山岳サークル「岳文会」で登山に勤しむ。77年、熊本日日新聞社入社。新人時代の文化放送部で、記者が書きつなぐ連載「熊本百山」の原稿集めを経験。阿蘇総局で、中岳の噴火活動や阿蘇の四季など取材。40代の整理部(編集本部)デスク時代は、休日に愛犬と自選の熊本百山(九重含む)を4年間かけ踏破。2015年、同社を定年退職後、再雇用で読者・NIEセンター勤務。20年2月、同社退職。趣味はサッカー観戦、鉄道旅行(乗り鉄)など。熊本市西区島崎在住。

     

    定 価:1,980円(本体価格1,800円+税)

    仕 様:A5判、232ページ、オールカラー、並製本

    発 行:熊本日日新聞社

    ISBN:978−4−87755−603−7
    2020(令和2)年2月発行

     

    【内容】
    熊本日日新聞の人気連載が本に。九州内外・54名山の山行記。
    2015年4月から20年1月まで54回にわたって熊本日日新聞「レジャー・旅」面に毎月1回連載した山行記「山ニ行ッテ居リマス」を単行本化。

    熊本市から日帰りか1泊程度で登れる九州内の山のほか、八ケ岳や白山など本州の山々にも遠征。九州では見られない風景や植物も紹介。

    季節を彩る花々の写真や、登山道の状態や交通などのメモ、さらに山行きに役立つ「山のオキテ」も収録。"山好き記者"だから書ける山の魅力が満載!

    山歩きを本格的に始めようとする人に格好の入門書。


    掲載した山

    井原山(福岡・佐賀) 市房山(熊本・宮崎) 石鎚山(愛媛) 藺牟田池外輪山(鹿児島) 犬ケ岳(福岡・大分) 稲尾岳(鹿児島) 可愛岳(宮崎) 大崩山(宮崎) 尾鈴山(宮崎) 大峰山(奈良) 扇山(宮崎) 開聞岳(鹿児島) 韓国岳(宮崎・鹿児島) 鹿嵐山(大分) 傾山(大分・宮崎) 京丈山(熊本) 祇園山(宮崎) 国見岳(熊本・宮崎) 九千部岳(長崎) 黒岳(大分) 黒髪山(佐賀) 久住山(大分) 雲ノ平(富山) 古処山(福岡) 紫尾山(鹿児島) 釈迦岳(福岡・大分) 小岱山(熊本) 白鳥山(熊本・宮崎) 白嶽(長崎) 水晶岳(富山) 仙丈ケ岳(長野・山梨) 祖母山(大分・宮崎) 大船山(大分) 多良岳(長崎・佐賀) 大山(鳥取) 高隈山(鹿児島) 高千穂峰(宮崎) 天山(佐賀) 夏木山(大分・宮崎) 仰烏帽子山(熊本) 野間岳(鹿児島) 白山(石川・岐阜) 八郎岳(長崎) 英彦山(福岡・大分) 普賢岳(長崎) 福智山(福岡) 宝満山(福岡) 宮之浦岳(鹿児島) 元越山(大分) 八ケ岳(長野・山梨) 八方ケ岳(熊本) 由布岳(大分) 涌蓋山(大分・熊本)


    【明治維新150年 栃木県誕生の系譜】下野新聞社刊

    0

       

      * 明治維新150年 栃木県誕生の系譜
      * 下野新聞社編集局 著
      * 本体1800円+税
      * 四六判・並製・360頁・オールカラー
      * ISBN978-4-88286-741-8

       

      下野新聞社の本
      https://www.shimotsuke.co.jp/feature/book

       

      下野新聞・明治維新150年記念企画連載「明治維新150年栃木県誕生の系譜」書籍化!
      ■栃木県が栃木県になった頃―
      成辰戦争と太平洋戦争において二度も戦火をうけた旧下野国・栃木県。幕末の動乱から明治近代化までの道のりを、新聞記者ならではの取材力と分かりやすい表現で記しました。
      ■下野新聞が本格的に取り上げた栃木県誕生の記録
       江戸の東京にほど近く、難治の地とされた下野国。戊辰戦争をへて明治4年の廃藩置県では宇都宮県と栃木県になりました。薩摩藩出身の剛腕県令・三島通庸、その人物像にも迫ります。近代化を担った熱き政治家や、誇り高き実業家たちにも光を当てました。また東北本線が通るまでや、軍都・宇都宮の象徴となった第14師団など、幅広く描きます。

       

      ★書店さま向け注文書(pdf)が、コチラにございますのでご利用ください。


      【自然と共に 自然と共に育ち 共に生きる「共育・共生」】熊本日日新聞社刊

      0

         

        2020(令和2)年2月12日発行

         

        自然と共に
        自然と共に育ち 共に生きる「共育・共生」

         

        著者 阿南誠志

         

        【著者プロフィール】 あなん せいし

        1948年2月12日、高森町生まれ。登山専門店「シェルパ」創業者で、登山などの野外活動や青少年育成、災害ボランティアを展開する「自然を愛する会」代表。現在は阿蘇郡南小国町在住で、阿蘇くじゅう高原ユースホステルを運営しながら「自然が大好き、人が大好き」という著者の願う理想郷で生きている証を実践中。

         

        定 価:1,100円(本体価格1,000円+税)

        仕 様:新書判、112ページ

        発 行:熊本日日新聞社

        ISBN:978−4−87755−602−0

        熊日出版HP https://www.kumanichi-sv.co.jp/books/

         

        【内容】

        熊本日日新聞の連載シリーズ「わたしを語る」で令和1年8月10日から同9月13日まで33回にわたり掲載された阿南誠志「自然と共に」を書籍化

        著者の阿南誠志(1948年2月12日生)さんは、登山専門店「シェルパ」創業者で、登山などの野外活動や青少年育成、災害ボランティアを展開する「自然を愛する会」代表。同会主催の小中学生が大分市から熊本市まで125舛鯤發「参勤交代・九州横断徒歩の旅」は2019年で42回を数え、熊本の夏の恒例行事になっている。参勤交代・九州横断徒歩の旅、山村留学、海外登山遠征、登山技術を生かした災害支援など「自然と共に育ち、共に生きる」をモットーにした人生の軌跡を記す1冊。

         

        本文目次

         

        1人で歩いた夜の山道  恩師と慕う3人の思い出  商人魂「人の3倍働け」

         

        人生変えた15歳の久住登山  YMCAの山岳会に入会  生かされている証し

         

        「シェルパ」創業の日  自然を愛する会発足  ハンググライダーの冒険

         

        地域一番店を目指して  2人の先生との出会い  参勤交代の旅スタート

         

        感動的な旅のゴール  東京−熊本間を自転車で  いきいき伸び伸び「やまびこ山村塾」  体験が子どもたちの力に  温かい心、だんご汁に託し  神戸で6千人分の炊き出し  「シェルパ族」との出会い  ヒマラヤの高峰に挑戦

         

        ネパールに学校を贈る  試練だった九州百命山  韓国「慶州ナザレ園」との出会い

         

        愛の実践、私たちも街頭募金  キリマンジャロに登頂  星が輝くモンブラン山頂

         

        新燃岳支援に続き東北へ  「共に悲しみ、共に生きる」  山の遭難、救助支援隊結成

         

        熊本地震、できることから  心が通い合う支援  「シェルパ」を2人の息子に託して

         

        高原の風に吹かれて「自然と共に」


        『翼と宝冠』ステュディオ・パラボリカ刊

        0

           

           ▲アルミパッケージ装

           

          『翼と宝冠』山尾悠子著


          小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚『小鳥たち』外伝。
          小鳥の侍女のさいしょの始まり。
          プロローグにしてコーダ。
          物語はこの侍女の譚をもって完結する。
          山尾悠子の新作書き下ろし、豆本にてリリース!!


          サイズ:W52mm×H68mmと
          手のひらにおさまる小さなな豆本です。

          アルミパッケージ装で販売。


          『翼と宝冠』
          山尾悠子 著
          ISBN 978-4-902916-42-3   C0093 32頁
          価格 2,000円+税
          発行 ステュディオ・パラボリカ
          書店発売日 2020年3月3日


          『令和につなぐ不昧のこころ〜茶室・菅田庵修復記念』山陰中央新報社刊

          0

             

            『令和につなぐ不昧のこころ〜茶室・菅田庵修復記念』を発刊いたします。

             

            70年ぶりに修復された松平不昧公ゆかりの茶室「菅田庵」(国重要文化財・松江
            市菅田町)を特集。同茶室の開設のいきさつや歴史、修理の概要などを専門家が
            解説し、写真をふんだんに掲載しております。また、不昧公没後200年を記念し
            て2018年1月から同12月まで弊紙紙面で連載した「平成不昧伝」と「花で巡る
            茶事12ヵ月」を収録。今も息づく不昧の心と茶の湯文化を紹介しています。


            書 名:『令和につなぐ不昧のこころ〜茶室・菅田庵修復記念』
            編 者:山陰中央新報社
            発 行:山陰中央新報社
            仕 様:B5判、112ページ、オールカラー、並製本
            定 価:1,540円(本体1,400円+税)
            発行日:2020年2月28日
            その他:ISBNコード 978−4−87903−239−3


            「松江市につたわる指定文化財」山陰中央新報社刊

            0

               

              松江歴史館企画展「松江市につたわる指定文化財」の図録を発刊いたします。
              企画展は松江市制130周年を記念して開かれます。
              松江市には国宝2件を含む国、県、市指定文化財が247件、国登録文化財が39件あります。
              図録は絵画、彫刻、工芸、考古資料などのジャンルから38件のほか、重要な文化財13件を紹介しております。
              平安時代の仏像や室町時代の甲冑、玉作工房跡から出土した勾玉などの作品が掲載されております。

               

              書 名:「松江市につたわる指定文化財」
              編著者:松江歴史館
              発 行:山陰中央新報社
              仕 様:A4判変形、72ページ(うちカラー64ページ)
              定 価:1,000円(本体価格909円+税)
              その他:ISBNコード 978−4−87903−237−9


              【NAGI-80 特集:手から生まれる】月兎舎刊

              0

                 

                【NAGI-80 特集:手から生まれる】月兎舎刊


                創刊20周年記念 特集 
                「手から生まれる」

                「道具は身体の延長」だとよくいわれます。
                人類の祖先は、木からおりて二足歩行を始め、手が自由になったので道具を使うようになりました。
                より使いやすいよう工夫を重ねた向上心は、やがて人に代わって機械やロボットが労働する現代へ。
                限りある自然界から材料を得て、ものづくりをしてきた歴史は、すっかり見えなくなってしまいました。
                木、土、染織、金属、ガラス……
                自らの仕事に誇りを持つ職人や作家から生み出される一つ一つには温もりや揺らぎがあり、見ても実際に使っても魅了されます。
                大量生産されるサイダーの瓶を溶かしてグラスに。
                自然繊維にこそよく染まる藍染め。
                こつこつと地道な手仕事は、なんでも使い捨てにする現代社会へのアンチテーゼといえるでしょう。
                手にとるたび、作り手の顔や声色、工房の景色が浮かんでくる。
                そんな生活道具の作り手を紹介します。


                01.漆椀 笹浦裕一朗
                02.漆器 玉木さおり
                03.木工 竹内健悟
                04.陶器 鈴木大弓
                05.藍染め 岡 博美
                06.草木染ニット 杉本千明
                07.ガラス器 中村一也
                08.鍛造刃物 赤畠大徳
                09.鍛金 何 惠娜
                座談会 ギャラリーやまほん×VOLVOX


                第2特集 うさぎ小屋の20年

                 

                〈連載〉
                母なる海の生き物/マダイ
                表現と家族/写真家 浅田政志
                Monochrome/写真家 井津建郎


                https://www.i-nagi.com

                 

                [書名] NAGI 80号
                [出版社名]月兎舎
                [本体価格]654円
                [判型]B5判 104頁
                [発行年月日]2020年3月1日
                [出版社所在都道府県名]三重県
                [JANコード]4910 87609 8000


                「続・石神さんを訪ねて 出雲神話から石見の巨石信仰へ」山陰中央新報社刊

                0

                   

                  山陰中央新報石見ローカル面で2019年4月から11月まで、石見地方の「石神さん」32ヶ所を紹介した企画(続・石神さんを訪ねて 出雲神話から石見の信仰へ)に書き下ろしで18ヶ所を加えて書籍化しました。
                  15年に発刊した『石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰』の続編。
                  石見と世界の巨石特集、石の博物館一覧、マップ付きでガイドブックとしても活用できます。


                  書 名:「続・石神さんを訪ねて 出雲神話から石見の巨石信仰へ」
                  著 者:須田郡司、大野志津香
                  編集・発行:山陰中央新報社
                  体 裁:A5判、116ページ。オールカラー
                  定 価:本体価格1,400円+税
                  その他:ISBNコード 978−4−87903−238−6


                  『城に会いにゆく 〜もののふの鼓動が聞こえる』(発売:熊日出版)

                  0


                    日本100名城を巡った元熊本日日新聞記者による全国お城巡歴記

                     

                    『城に会いにゆく 〜もののふの鼓動が聞こえる』

                    自費出版

                     

                    定 価 2,200円(本体価格2,000円+税)

                    仕 様 判型:A5判

                        頁数:152ページ

                        製本:並製本

                    著 者 佐渡滋

                    ISBN978-4-908313-57-8 C0021
                    2020(令和2)年1月発行
                    発 売 熊日出版(TEL096-361-3274)

                    熊日出版HP https://www.kumanichi-sv.co.jp/books/


                    【内容紹介】

                    日本100名城を全て回った元熊日記者による全国お城巡歴記。第一章には、著者が撮影した100名城の写真とともに、城の歴史紀行を収録している。

                    第二章では、熊本城筆頭家老兼八代城主であった加藤右馬允正方のエピソードと、肥後を二分して治めた小西行長と加藤清正のライバル譚を、

                    事実を基にして創作。元新聞記者ならではのわかりやすい文章で、城への思いが感じられる一冊。

                     

                    【掲載している城】

                    熊本城、八代城、小田原城、箕輪城、彦根城、犬山城、七尾城、一乗谷城、丸岡城、和歌山城、備中松山城、福山城、月山富田城、吉田郡山城、松江城、津和野城、大洲城、今治城、宇和島城、伊予松山城、中津城、平戸城、肥前名護屋城、岡城、人吉城、今帰仁城、中城城、首里城、会津城、弘前城、五稜郭、二条城、高知城など

                     

                    【著者プロフィール】

                    1943年、八代市生まれ。1967年、熊本日日新聞社入社。社会部記者を振り出しに、宇城支局長、社会部次長、企画部長。その後、熊日情報文化センター常務、熊本シティエフエム常務を経て、一般財団法人熊本公徳会事務局長を歴任。著書に『新九州人国記』(熊本日日新聞社、共著)、『黒川温泉「急成長」を読む』(熊日情報文化センター)、記者生活伝『壺中 日月長し』(熊日出版)


                    『あなたが主役、シルバー劇場 余命を生き抜くための12 章』熊日出版刊

                    0

                       

                      高齢者にとって一番の関心事は、
                      余命をいかに健康に過ごすかです!

                       

                      『あなたが主役、シルバー劇場 余命を生き抜くための12 章』

                       

                      定 価 1,430円(本体価格1,300円+税)

                      仕 様 判型:四六判

                          頁数:264ページ

                          製本:並製本

                      著者  西 勝英(にし かつひで)

                      ISBN978-4-8775-598-6 C0047
                      2020(令和2)年2月発行
                      発 売 熊日出版(TEL096-361-3274)

                      熊日出版HP https://www.kumanichi-sv.co.jp/books/


                      【内容紹介】

                      高齢になると、さまざまな身体的変調と機能の衰えが出てくるものです。

                      この本では、例えば「人の話が聞こえない」「夜、すぐ目が覚める」「おしっこが近くなる」など12の項目について実例を紹介。

                      その対処方法と折り合いのつけ方について、専門的な観点と著者の実体験を交えてわかりやすく解説してあります。

                      高齢、加齢での悩みといってもその度合いには個人差があるもの。健康的な日常生活を送るための参考になる1冊です。

                       

                      【目次】

                      第1章 目がかすむ

                      第2章 入れ歯が合わない

                      第3章 人の話が聞こえない

                      第4章 息切れして坂道が登れない

                      第5章 突然足が萎えて歩けなくなる

                      第6章 腰は痛むし、肩はこる

                      第7章 近頃、物忘れが、「あれ」「それ」会話

                      第8章 夜、すぐ目が覚める

                      第9章 胃がもたれるし、食欲もない

                      第10章 「おしっこ」が近くなる

                      第11章 誰にも言えないパンツの汚れ

                      第12章 今はもう「あれもだめ!」

                       

                      【著者プロフィール】

                      昭和12年生まれ

                      昭和37年熊本大学医学部卒

                      東京大学電子工学科研究生、熊本大学医学部助手、

                      米国ユタ大学医学部講師、同54年熊本大学医学部薬理学

                      第二講座教授などを経て平成15年、熊本大学名誉教授

                      熊本日日新聞社医療アドバイザー

                      平成20〜 医療法人桜十字病院総院長

                      平成26〜 公益財団法人肥後医育振興会理事長

                      平成27〜 医療法人熊本桜十字丸田病院院長

                      令和元年 秋の叙勲にて「瑞宝中綬章」を受章

                      研究分野:神経生理・薬理学・循環器薬理学

                      主な著書(共著を含む)

                      『薬・毒物中毒救急マニュアル』

                      『医学英語へのアプローチ』『スポーツと薬物(翻訳)』

                      『本当に怖い!薬物依存がわかる本』

                      『聞いてください 医論な話』(熊日出版)

                      『5人の患者さん』(熊日出版)

                      『走る、泳ぐ、ダマす(翻訳)』など著書多数


                      | 1/56PAGES | >>